Platform X - 早く行きたいならば一人で行ってください。 遠くに行きたいならば一緒に行きましょう。

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くのプロジェクトとは異なる株式のようなトークン構造を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2018-09-20
終了日時
2018-10-26
調達金額
16,001 ETH
最低目標
12,000 ETH
最高目標
16,000 ETH
初回価格
1ETH = 62500
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Platform X?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域KOREA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。

InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くの暗号通貨プロジェクトとは異なり、株式のような構造を持っています。 Aという会社がPlatformXサービスを利用するためには30万ドル分のPXコインを購入してInBlocに支払う必要があります。

InBlocは、貰ったコインをバーンします。結果的に、従来のコインの合計数が減ってコインの価値があがります。 同社は、PXコインの50%の株式を保持しなければならなので超過金額を取引所で販売して利益を得ることができます。

例えば、総供給量が200個でinBlocが100個を所有している場合、A社が10枚のコインを購入してInBlocに支払えばInBlocは10枚のコインをバーンすれば合計供給量は190個になりますがInBlocの保有量は100になります。従ってInBlocは5つのコインを売って利益を得ることができます。

PXコインはIDAXに上場されており、3つの企業でInBlocのサービスを提供することが決定しました。そのうちの一つは、韓国の新星エンジニアリングです。

取引所の価格は、個人販売価格と同じなので、着実に価格が上昇すると予想されます。

チーム

KIM YEOMYEONG
KIM YEOMYEONG
CEO
SEO INHYUK
SEO INHYUK
CTO
HWANG BUYUN
HWANG BUYUN
COO

人気STO/ICO記事

  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ