Platform X - 早く行きたいならば一人で行ってください。 遠くに行きたいならば一緒に行きましょう。

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くのプロジェクトとは異なる株式のようなトークン構造を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2018-09-20
終了日時
2018-10-26
調達金額
16,000 ETH
最低目標
12,000 ETH
最高目標
16,000 ETH
初回価格
1ETH = 62500
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Platform X?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域KOREA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。

InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くの暗号通貨プロジェクトとは異なり、株式のような構造を持っています。 Aという会社がPlatformXサービスを利用するためには30万ドル分のPXコインを購入してInBlocに支払う必要があります。

InBlocは、貰ったコインをバーンします。結果的に、従来のコインの合計数が減ってコインの価値があがります。 同社は、PXコインの50%の株式を保持しなければならなので超過金額を取引所で販売して利益を得ることができます。

例えば、総供給量が200個でinBlocが100個を所有している場合、A社が10枚のコインを購入してInBlocに支払えばInBlocは10枚のコインをバーンすれば合計供給量は190個になりますがInBlocの保有量は100になります。従ってInBlocは5つのコインを売って利益を得ることができます。

PXコインはIDAXに上場されており、3つの企業でInBlocのサービスを提供することが決定しました。そのうちの一つは、韓国の新星エンジニアリングです。

取引所の価格は、個人販売価格と同じなので、着実に価格が上昇すると予想されます。

チーム

KIM YEOMYEONG
KIM YEOMYEONG
CEO
SEO INHYUK
SEO INHYUK
CTO
HWANG BUYUN
HWANG BUYUN
COO

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常