Orvium - オープンで透明な科学

ブロックチェーンと人工知能に基づく科学的コラボレーション、資金調達および出版物管理のための最初の分散型ソーシャルプラットフォーム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ORV
開始日時
2019-02-04
終了日時
2019-04-01
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
227,000,000
公式サイトへ Owner of Orvium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Orviumは、イーサリアムブロックチェーンとスマートコントラクト、分散型ストレージソリューション、ビッグデータ分析、クラウドコンピューティングなど、最先端技術のユニークでシームレスな統合を活用して、研究データと結果を処理、検証、普及するためのプラットフォームを作成します。

    Orviumプラットフォームは次のような特徴があります。

    • 瞬間的な存在の証明。原稿はOrviumに提出された瞬間から入手可能です。
    • 著作権とライセンスは作者によって所有され、譲渡可能です。著者は彼らの仕事とその潜在的な経済的利益をコントロールできます。
    • 最適な出版とアクセスコスト。価格は独占的または寡占的な市場構造の影響を受けません。
    • メンテナンスと運用コストが低い、分散型ジャーナルを作成するための効率的なフレームワーク。
    • 研究データと結果のシームレスな統合。
    • 継続的かつ透明なレビュー。研究コミュニティは、研究の妥当性と健全性を公に決定する権限を与えられています。
    • レビュアーに対する一般の認識および経済的な見返り。
    • 雑誌購読の自由。ジャーナル購読モデルは強制しません。
    • 灰色の文学とその検証に対応します。
    • インパクトファクターやピアレビューの品質などの品質指標の透明的な計算。
    • 盗作、アイデアの所有権、および登録に関する現在の「略奪的」な慣行および矛盾を排除します。
    • ソーシャルプラットフォーム

    さらに、Orviumはオープンソースの原則に基づいているため、Orviumによって開発されたすべてのソフトウェアはオープンソースであり、今後もオープンソースになります。

    チーム すべてを見る

    Manuel Martin
    Manuel Martin
    Senior Project Leader & Blockchain Expert
    Antonio Romero
    Antonio Romero
    Technology Solution Architect
    Roberto Rabasco
    Roberto Rabasco
    Application and Cloud Technology Expert
    Tom Soderstrom
    Tom Soderstrom
    IT Chief Technology Officer
    Chris Mattmann
    Chris Mattmann
    Assoc. Chief Technology & Innovation Officer
    Jesús Villadangos
    Jesús Villadangos
    SCAMPI Lead Appraiser Candidate & Professor

    人気STO/ICO記事

    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗