Orvium - オープンで透明な科学

ブロックチェーンと人工知能に基づく科学的コラボレーション、資金調達および出版物管理のための最初の分散型ソーシャルプラットフォーム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ORV
開始日時
2019-02-04
終了日時
2019-04-01
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
227,000,000
公式サイトへ Owner of Orvium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Orviumは、イーサリアムブロックチェーンとスマートコントラクト、分散型ストレージソリューション、ビッグデータ分析、クラウドコンピューティングなど、最先端技術のユニークでシームレスな統合を活用して、研究データと結果を処理、検証、普及するためのプラットフォームを作成します。

    Orviumプラットフォームは次のような特徴があります。

    • 瞬間的な存在の証明。原稿はOrviumに提出された瞬間から入手可能です。
    • 著作権とライセンスは作者によって所有され、譲渡可能です。著者は彼らの仕事とその潜在的な経済的利益をコントロールできます。
    • 最適な出版とアクセスコスト。価格は独占的または寡占的な市場構造の影響を受けません。
    • メンテナンスと運用コストが低い、分散型ジャーナルを作成するための効率的なフレームワーク。
    • 研究データと結果のシームレスな統合。
    • 継続的かつ透明なレビュー。研究コミュニティは、研究の妥当性と健全性を公に決定する権限を与えられています。
    • レビュアーに対する一般の認識および経済的な見返り。
    • 雑誌購読の自由。ジャーナル購読モデルは強制しません。
    • 灰色の文学とその検証に対応します。
    • インパクトファクターやピアレビューの品質などの品質指標の透明的な計算。
    • 盗作、アイデアの所有権、および登録に関する現在の「略奪的」な慣行および矛盾を排除します。
    • ソーシャルプラットフォーム

    さらに、Orviumはオープンソースの原則に基づいているため、Orviumによって開発されたすべてのソフトウェアはオープンソースであり、今後もオープンソースになります。

    チーム すべてを見る

    Manuel Martin
    Manuel Martin
    Senior Project Leader & Blockchain Expert
    Antonio Romero
    Antonio Romero
    Technology Solution Architect
    Roberto Rabasco
    Roberto Rabasco
    Application and Cloud Technology Expert
    Tom Soderstrom
    Tom Soderstrom
    IT Chief Technology Officer
    Chris Mattmann
    Chris Mattmann
    Assoc. Chief Technology & Innovation Officer
    Jesús Villadangos
    Jesús Villadangos
    SCAMPI Lead Appraiser Candidate & Professor

    人気STO/ICO記事

    • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

      近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
    • これをみればミニ株のすべてがわかります!

      株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株