IDMoney - 初の社会的、公的およびグローバルな仮想通貨

IDMONEYは新しい暗号ガバナンスモデルを提供しています。社会的、公共的、そしてグローバルです。 IDMONEYトークンの作成、カスタマイズされた分散型ブロックチェーンソフトウェアの開発、およびガバナンスの確立したモデルにより、IDMONEYは所有権を通じてソリューションを提供します。 最初の公開暗号として、IDMONEYはこの3層会社を採用し、所有権を3つの地方自治体に移転します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IDM
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-08-31
最低目標
500 ETH
最高目標
12,000 ETH
初回価格
1 IDM = 0.00075 ETH
トークン供給数
16,000,000
公式サイトへ Owner of IDMoney?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率45%
KYC不明
参加不可地域China USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • BATCH 1 - 90%
  • BATCH 2 - 80%
  • BATCH 3 - 70%
  • BATCH 4 - 60%
  • BATCH 5 - 50%
  • BATCH 6 - 40%
  • BATCH 7 - 30%
  • BATCH 8 - 20%
  • BATCH 9 - 10%
  • BATCH 10 - 10%

概要

地方自治体がIDMONEY暗号トークンと分散ソフトウェアの所有権を取得すると、成功を導くために必要なガバナンスを確立することに関心がある独特の地位に置かれます。そして、そうするには、継続的な技術的進歩を促進するために必要な規制と自由の両方を考慮したガバナンスモデルを真に確立する必要があります。

IDMONEYプロジェクトは、GLOBAL MONEYとなるものの先駆けとなるでしょう。グローバルマネーは、IDMONEYのホワイトペーパーにIDMONEYを実行する3つの地方自治体によって確立された効果的なガバナンスモデルを拡張します。新しい会社はIDMONEYモデルから進化しました。 GLOBAL MONEYは、より広範な世界の政府のコミュニティに役立つように微調整され、改善され、完成されたソフトウェアを提供する予定です。    GLOBAL MONEYの使命は、各個人が自分の個人情報と財務を管理することを可能にする協力モデルを用いて、分散型の多国籍通貨になることです。    グローバルマネーのスマートコントラクトは、中央銀行経由では実現できなかった独立した透明かつ分散されたトークンモデルを開発する技術と機会の両方を各個人に提示します。GLOBAL MONEYは、通常の銀行のすべての利点を持つが、伝統的な銀行のすべての面倒と集中化の問題を解消する世界銀行に変身することを目指しています。

チーム すべてを見る

Alejandro Llobet
Alejandro Llobet
BUSINESS DEVELOPMENT MANAGER
Manuel Vargas
Manuel Vargas
PROJECT LEAD MANAGER
Julio Arce
Julio Arce
AUDIO VISUAL DIRECTOR / COMMUNICATIONS MANAGER
Federico Montoya
Federico Montoya
ART DIRECTOR / COMMUNITY MANAGER
Mauricio Molina A.
Mauricio Molina A.
VP BUSINESS DEVELOPMENT
Carlos B. Mendez
Carlos B. Mendez
BUSINESS DEVELOPMENT

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー