SherCoinは実世界の問題を解決し、いくつかの新しくてエキサイティングな方法で大衆に暗号をもたらすエコシステムを備えたユーティリティトークンです。 ユーティリティートークンは、使用されている場合にのみ価値があると考えています。 ほとんどのアルトコインには1つのユースケースしかありません。これにより、保持して投資するのは危険なだけでなく、ユースケース外のユーティリティもありません。 そのため、SHERトークンの継続的な需要を生むユースケースをいくつか開発する予定です。 私たちは既に開発され、App StoreとGoogle Playでダウンロードできる最初のユースケースを持っています。 他のユースケースは、開発の段階が異なります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SHER
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-05-02
調達金額
675,000,000 SHER
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.06USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Shercoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, BTC, ETH
供給率40%
KYCKYC
参加不可地域USA, China, Singapore
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private pre-sale - 50% to 30%
  • Public pre-sale - 30% to 25%
  • ICO stage 1 - 20%

概要

SherCoinチームは、複数のユーティリティを持つ多機能トークンを作成することで、大量採用を実現する優れた仮想通貨を実現する最良の方法だと認識した。ほとんどのアルトコインはイーサリアムベースのコインで、1つのアプリケーションしか提供しません。 SherCoinは5つの異なる関連アプリケーションを1つに備えています。

エコシステムには次のようなテーマがあります。ユーザーは、偽造品の市場調査、偽造品または疑わしい製品の報告など、企業に貴重な経済サービスを提供します。アンケートに記入し、情報、フィードバック、およびデータを提供し、ビジネスは情報に基づいた意思決定を行うことができます。ユーザーは獲得した仮想通貨を簡単に管理できます。彼らにトークンを費やしたり交換したりするためのアウトレットを与えます。

現在、イーサリアムを使用していますが、スマートコントラクト機能(AION、NEO、TRONなど)とサイドチェーンを備えた他のブロックチェーンソリューションも検討しています。 イーサリアムの改良(POS、シャーディング)が遅れても、将来的に移行は不可能ではありません。

SherCoin Global HD Walletは、スマートフォンを持つ誰もが、SherCoinやその他のサポートしている仮想通貨の購入、販売、保有に使用できるデジタルウォレットに簡単にアクセスできるようにします。

チーム すべてを見る

Rehan Hassan
Rehan Hassan
CEO and Co-Founder
Khurram Abdulla
Khurram Abdulla
COO and Co-Founder
Jahanzaib Riaz
Jahanzaib Riaz
VP Finance and Strategy
Lmehdi Ouabi
Lmehdi Ouabi
Blockchain App Developer
Saahir Hassan
Saahir Hassan
Team Lead
Ghulam Rasool
Ghulam Rasool
Senior UX & UI Designer

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka