SherCoinは実世界の問題を解決し、いくつかの新しくてエキサイティングな方法で大衆に暗号をもたらすエコシステムを備えたユーティリティトークンです。 ユーティリティートークンは、使用されている場合にのみ価値があると考えています。 ほとんどのアルトコインには1つのユースケースしかありません。これにより、保持して投資するのは危険なだけでなく、ユースケース外のユーティリティもありません。 そのため、SHERトークンの継続的な需要を生むユースケースをいくつか開発する予定です。 私たちは既に開発され、App StoreとGoogle Playでダウンロードできる最初のユースケースを持っています。 他のユースケースは、開発の段階が異なります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SHER
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-05-02
調達金額
675,000,000 SHER
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.06USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Shercoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, BTC, ETH
供給率40%
KYCKYC
参加不可地域USA, China, Singapore
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private pre-sale - 50% to 30%
  • Public pre-sale - 30% to 25%
  • ICO stage 1 - 20%

概要

SherCoinチームは、複数のユーティリティを持つ多機能トークンを作成することで、大量採用を実現する優れた仮想通貨を実現する最良の方法だと認識した。ほとんどのアルトコインはイーサリアムベースのコインで、1つのアプリケーションしか提供しません。 SherCoinは5つの異なる関連アプリケーションを1つに備えています。

エコシステムには次のようなテーマがあります。ユーザーは、偽造品の市場調査、偽造品または疑わしい製品の報告など、企業に貴重な経済サービスを提供します。アンケートに記入し、情報、フィードバック、およびデータを提供し、ビジネスは情報に基づいた意思決定を行うことができます。ユーザーは獲得した仮想通貨を簡単に管理できます。彼らにトークンを費やしたり交換したりするためのアウトレットを与えます。

現在、イーサリアムを使用していますが、スマートコントラクト機能(AION、NEO、TRONなど)とサイドチェーンを備えた他のブロックチェーンソリューションも検討しています。 イーサリアムの改良(POS、シャーディング)が遅れても、将来的に移行は不可能ではありません。

SherCoin Global HD Walletは、スマートフォンを持つ誰もが、SherCoinやその他のサポートしている仮想通貨の購入、販売、保有に使用できるデジタルウォレットに簡単にアクセスできるようにします。

チーム すべてを見る

Rehan Hassan
Rehan Hassan
CEO and Co-Founder
Khurram Abdulla
Khurram Abdulla
COO and Co-Founder
Jahanzaib Riaz
Jahanzaib Riaz
VP Finance and Strategy
Lmehdi Ouabi
Lmehdi Ouabi
Blockchain App Developer
Saahir Hassan
Saahir Hassan
Team Lead
Ghulam Rasool
Ghulam Rasool
Senior UX & UI Designer

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: