NGSは、分散暗号化データベースサービスを提供する独立したノードのネットワークです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
NGS
開始日時
2019-05-20
終了日時
2019-09-09
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
14,000,000
公式サイトへ Owner of NGS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    NGS Coin は、イーサリアムブロックチェーンの上に構築されている将来の資金調達のためのプラットフォームです。時間とリソースの両方を節約するツールとサービスを提供することで、新興企業の成長を加速させます。

    投資家はサービスを利用して、P2Pローン、クラウドファンディングなどのようなさまざまなサービス間で投資を分割することができます。NGSの最初のバージョンでは、スタートアップがクラウドファンディングとキャンペーンを開始および管理できます。

    投資家の利益を守る

    資金調達のための新興企業の支援をしている間、私たちは投資の保護を最大限に確保したいし、投資家を大切にします。投票システムにより、投資家は投資をより強力に管理できます。

    すべての取引で最大2%のNGSキャッシュバック

    NGSをビットコイン、イーサリアムおよび100以上の暗号通貨に交換    私たちはマーケットプレイスと財政を一緒にします

    NGSの究極の目標は、オールインワンソリューションであり、市場から金融まで幅広いサービスを提供することです。

    私たちのクライアントは、企業でも個人でも、単一のプラットフォームから必要なすべてのサービスにアクセスします。ブロックチェーン技術はあなたの財政をより早く成長させ、より良い収益をもたらすチャンスを私たちに与えてくれます。

    チーム

    Emily Harris
    Emily Harris
    CEO
    Bennett Andrew
    Bennett Andrew
    CTO
    Walter Richard
    Walter Richard
    ITCS
    Reginald Cyril
    Reginald Cyril
    Financial Advisor
    Victor Philip
    Victor Philip
    Business Advisor
    Raghav Sawhney
    Raghav Sawhney
    Marketing Advisor

    人気STO/ICO記事

    • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

      ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
    • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

      いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ