Cryptoknowmics - エコシステムを奨励する世界初の分散型メディアプラットフォーム

Cryptoknowmicsは、暗号化分野のほぼあらゆる面で機能する革新的で分散型のプラットフォームです。 暗号化分野で最高の目的地であり最大のメディアポータルであり、業界の情報とサービスのためのオールインワンソリューションになることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
CKM
開始日時
2019-07-10
終了日時
2019-10-09
初回価格
0.0024 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptoknowmics?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率25:
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cryptoknowmicsは、暗号化分野のほぼあらゆる面で機能する革新的で分散型のプラットフォームです。 暗号化分野で最高の目的地であり最大のメディアポータルであり、業界の情報とサービスのためのオールインワンソリューションになることを目指しています。言い換えれば、このプロジェクトは多くの追加機能を備えた暗号化世界のFinancial TimesまたはWall Street Journalを作成することを目指しています。真の革新は、単にニュースリリースや記事を読むことを含む、プラットフォーム上で行われるほとんどすべてのアクションに対してユーザーがインセンティブを与えられるというコンテンツ戦略にあります。読者を動機付けるニュースプロバイダーは存在しません。業界初です。    株式市場の取引とは異なり、暗号通貨市場はより不安定でオープンな市場であり、投資家やユーザーはニュースサイト、アナウンス、取引所、ソーシャルメディア、検索エンジンなどの信頼できる情報を見つけて入手するために多くの異なるチャネルに頼らなければなりません。例えば、株式市場に関する正確な情報と信頼できる分析を得るために、だれでもFinancial TimesまたはWall Street Journalを読むことができます。暗号分野にまだ欠けているのは、暗号を専門とし、偏りのない整理された情報とサービスでほぼあらゆる面をカバーする信頼できる出版物またはプラットフォームです。    一方、現在の暗号市場の状況では、暗号製品およびサービスをターゲットセグメントに販売することは大きな課題です。広告主は、コストが高く管理が難しいマルチチャネル広告キャンペーンを使用する必要があります。多くの大規模メディアプラットフォームでは、暗号に優しい広告や宣伝のポリシーがないため、問題はさらに悪化します。例えば、グーグルとフェイスブックはどちらもプラットフォームでの仮想通貨広告を禁止または制限しているため、仮想通貨広告主やプロモーターが大衆市場に参入することは極めて困難です。したがって、現在の市場の状況は、市場のギャップを埋めるための新しいソリューションの大きなチャンスです。    Cryptoknowmicsは、ニュースと記事、ICO / STOのリストとレビュー、トークン/コイン市場分析、フォーラム、暗号ゲーム、ICO / airdropラウンチパッド、市場、学習モジュール、API、および暗号インデックスを備えています。プラットフォームは、Webページとしても、AndroidとiOSの両方でサポートされているモバイルアプリとしても利用できます。 WebページのMVP版はすでにcryptoknowmics.comのドメインにあり、有料広告や宣伝なしでも短期間でかなりの視聴者を獲得しました。    プラットフォームは、コンテンツの読み取り、ビデオの視聴、スポンサー付きリンクのクリック、ゲーム、暗号取引、エアドロップの申し込み、イベントチケットの購入、プレミアムリソースの購読など、ほぼすべてのアクションにおいて、トークンとのユーザーインタラクションを奨励します。ボットやシステムの誤用を防ぐためにIPトラッキング、キャプチャ、およびAIアルゴリズムが使用され、インセンティブはブロックチェーンによって完全に制御されます。    Cryptoknowmicsの収益化戦略には、リスティング料、レビュー料、スポンサードコンテンツ料、PPC / PPM広告料、プレミアムコンテンツ購読料、チケット販売手数料、ラーニングモジュール手数料、マーケットプレイス手数料、APIサブスクリプション手数料など、多くの収益源があります。 Cryptoknowmicsは、2,800億ドル以上の価値があるデジタル広告市場および650億ドル以上の価値のあるスポンサーシップ市場を含む暗号化市場に加えて、利用可能な多くの市場セグメントにまたがっています。ターゲット市場は利用可能な市場全体よりもはるかに小さいかもしれませんが、明らかにまだ巨大で急成長している市場です。    Cryptoknowmicsは、2年間にわたるプラットフォームの完全な開発と実装に資金を提供するために、ICOで600万ドルを調達することを目指しています。合計100億個のトークンが供給されており、その25%がトークン販売で発行されます。トークンの価格は1トークンあたり0.0024ドルです。有利なボーナススキームは、初期の投資家のために利用可能になります。    トークンの総供給量の30%は、四半期ごとに10%(30%)で解放されるコンテンツ寄稿者/購読者用に保留されており、未使用のトークンがある場合は、積立金として次の四半期に繰り越されます。持ち越されたトークンが特定の四半期に使用されていない場合、それらはバーンされます。さらに、Cryptoknowmicsは、スマートコントラクトを使用して四半期ごとにプラットフォームから純収益として受け取ったトークンの10%をバーンすることを約束しています。ただし、総供給量の25%という制限があります。    Cryptoknowmicsは、起業家精神、ブロックチェーン技術、UI / UX、コミュニティ構築など、幅広い分野で必要なスキルと能力を持っているチームによって支えられています。

チーム すべてを見る

Ajay  Agarwal
Ajay Agarwal
Operations
Anuj Mittal
Anuj Mittal
Chief Advisor
Prasenjeet Kashyap
Prasenjeet Kashyap
Business Development
Alok Agarwal
Alok Agarwal
Marketing
Raghav Agarwal
Raghav Agarwal
Oxford Certified Blockchain Strategist
Akhil Agarwal
Akhil Agarwal
Community Building

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、