Snapparazzi - 世界の目になる

Snapparazziは、分散型の独立したメディア共有および広告プラットフォームであり、ブロックチェーン技術を利用し、SnapCoin報酬を全員に提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SNPC
開始日時
2018-09-14
終了日時
2018-10-29
調達金額
5 Million
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
59,000,000 USD
初回価格
1 SNPC = 0.18 USD
トークン供給数
514,500,000
公式サイトへ Owner of Snapparazzi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率70%
KYCKYC
参加不可地域china, USA, North korea
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Snapparazziは、スマートフォンを所有するすべての人(レポーターになる)と、より公平な広告収益配分をもらいたいYouTubers向けです

Snapparazziはブロックチェーンをベースにしたプラットフォームで、ユーザーは自分が作成したメディアコンテンツの支払いを受けることができます。

Snapparazziは、テレビや新聞などのメディアに販売できる写真やビデオを作成するユーザーを中心に展開しています。したがって、アプリユーザーは、日々の生活の中で重要なイベントを撮影するたびに、フリーランスの記者になります。

Snapparazziは、不完全なメディアカバレッジの問題を永久に解決します。 2017年には世界中の23億台以上のスマートフォンが使われているため、すべてのユーザーは潜在的にユニークで比類のないニュースソースとなります。政治的、社会的、娯楽的価値のイベントが世界のどこかでランダムに発生すると、テレビやニュースのスタッフが必ずしもそれを捉えるわけではありません。しかし、スマートフォンやSnapparazziアプリを持っている人なら誰でもイベントを記録して、地元のニュースステーション、CNNやFoxなどのグローバルメディア、オンラインのニュースアウトレットなど、気になるバイヤーに売って、収益を得ることができます。

Snapparazziを使用すると、世界中のメディア視聴者は、見ることのできない排他的な写真やビデオにアクセスすることができます。さらに、メディア企業は、映画のクルーとレポーターに関連するコストや障害を避けて、リアルタイムで、かつ非常に費用対効果の高い方法で排他的な映像を入手することができます。スマートフォンの普及とその数の増加は、一般市民に多くの情報を提供し、ニュースレポートの品質と徹底性を向上させ、検閲の障壁を挑戦する巨大な内容市場を保証します。

Snapparazziのメディアコンテンツ市場はSnapparazziCoinによって強化されています。このEthereumベースのトークンは、Snapparazziプラットフォーム内のすべてのトランザクションと支払いに使用されます。 Ethereumの不変の元帳技術は、即時の譲渡可能性に加えて、すべての支払いが瞬間的で安全で永続的に記録されることを保証します。これにより、Snapparazziユーザーは世界のどこからでも支払うことを受け取ることができ、世界中のメディアプロバイダーがどこでもコンテンツを購入することができます。ビデオと写真の価格は、品質、市場性、主題などに応じて、公開オークションシステムを通じてケースバイケースで当事者間で合意されています。Snapparazziは、生成されたコンテンツの取引額に対する手数料を請求することによって収益を得ています。

チーム すべてを見る

Ruben Valle
Ruben Valle
CEO & Co founder
Pradeep Chandra
Pradeep Chandra
CFO
Damien Larquey
Damien Larquey
CTO & Co founder
Anton Adamansky
Anton Adamansky
Blockchain Developer
Vyacheslav Tyutyunkov
Vyacheslav Tyutyunkov
Blockchain Developer
Bella Legard
Bella Legard
Business Development

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka