KAVA - 分散型金融のためのクロスチェーンプラットフォーム

Kavaは、主要な暗号資産(BTC、XRP、BNB、ATOMなど)のユーザーに担保付きのローンとステーブルコインを提供するクロスチェーンDeFiプラットフォームです。 RippleやCosmosなどの著名な暗号化基金や主要な暗号化プロジェクトなど、世界中の100以上の事業体によってサポートされています。 このプラットフォームには2つのトークンがあります。KAVAは、ネットワークを保護し、主要なパラメーターに投票するガバナンスおよびステーキングトークンです。 USDXは、暗号資産の担保に支えられてアルゴリズム的に維持されたステーブルコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
KAVA
開始日時
2019-10-23
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
0.46 USD
トークン供給数
6,521,739
公式サイトへ Owner of KAVA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

多担保債務ポジション:Kavaプラットフォームは、BTC、XRP、BNB、ATOMなどの他のネットワークからの暗号資産に対する融資をサポートしています。

「カウンターパーティなし」の融資:Kavaプラットフォームにより、ユーザーはローンを「自己発行」し、預けられた担保に基づいて新しいUSDXを鋳造し、ユーザーが負債ポジションをクローズするときにUSDXを破壊します。

アルゴリズム的に維持されるステーブルコイン:Kavaは、プライスオラクルを使用して、USDXからUSDへの価格ペグを維持するために、必要な債務対担保比率を下回る「リスクのある」担保付債務ポジションを自動的にオークションにかけます。

経済的インセンティブ化されたガバナンス:KAVAトークンのStakersは、ユーザーが支払ったブロック報酬と手数料を獲得しますが、システムが適切に維持されないと、大幅に削減され、最終手段の貸し手となります。

チーム

Brian Kerr
Brian Kerr
CEO
Scott Stuart
Scott Stuart
Product Manager
Ruaridh O'Donnell
Ruaridh O'Donnell
Blockchain Dev Lead
Kevin Davis
Kevin Davis
Lead Engineer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。