KAVA - 分散型金融のためのクロスチェーンプラットフォーム

Kavaは、主要な暗号資産(BTC、XRP、BNB、ATOMなど)のユーザーに担保付きのローンとステーブルコインを提供するクロスチェーンDeFiプラットフォームです。 RippleやCosmosなどの著名な暗号化基金や主要な暗号化プロジェクトなど、世界中の100以上の事業体によってサポートされています。 このプラットフォームには2つのトークンがあります。KAVAは、ネットワークを保護し、主要なパラメーターに投票するガバナンスおよびステーキングトークンです。 USDXは、暗号資産の担保に支えられてアルゴリズム的に維持されたステーブルコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
KAVA
開始日時
2019-10-23
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
0.46 USD
トークン供給数
6,521,739
公式サイトへ Owner of KAVA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

多担保債務ポジション:Kavaプラットフォームは、BTC、XRP、BNB、ATOMなどの他のネットワークからの暗号資産に対する融資をサポートしています。

「カウンターパーティなし」の融資:Kavaプラットフォームにより、ユーザーはローンを「自己発行」し、預けられた担保に基づいて新しいUSDXを鋳造し、ユーザーが負債ポジションをクローズするときにUSDXを破壊します。

アルゴリズム的に維持されるステーブルコイン:Kavaは、プライスオラクルを使用して、USDXからUSDへの価格ペグを維持するために、必要な債務対担保比率を下回る「リスクのある」担保付債務ポジションを自動的にオークションにかけます。

経済的インセンティブ化されたガバナンス:KAVAトークンのStakersは、ユーザーが支払ったブロック報酬と手数料を獲得しますが、システムが適切に維持されないと、大幅に削減され、最終手段の貸し手となります。

チーム

Brian Kerr
Brian Kerr
CEO
Scott Stuart
Scott Stuart
Product Manager
Ruaridh O'Donnell
Ruaridh O'Donnell
Blockchain Dev Lead
Kevin Davis
Kevin Davis
Lead Engineer

人気STO/ICO記事

  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規