KAVA - 分散型金融のためのクロスチェーンプラットフォーム

Kavaは、主要な暗号資産(BTC、XRP、BNB、ATOMなど)のユーザーに担保付きのローンとステーブルコインを提供するクロスチェーンDeFiプラットフォームです。 RippleやCosmosなどの著名な暗号化基金や主要な暗号化プロジェクトなど、世界中の100以上の事業体によってサポートされています。 このプラットフォームには2つのトークンがあります。KAVAは、ネットワークを保護し、主要なパラメーターに投票するガバナンスおよびステーキングトークンです。 USDXは、暗号資産の担保に支えられてアルゴリズム的に維持されたステーブルコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
KAVA
開始日時
2019-10-23
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
0.46 USD
トークン供給数
6,521,739
公式サイトへ Owner of KAVA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

多担保債務ポジション:Kavaプラットフォームは、BTC、XRP、BNB、ATOMなどの他のネットワークからの暗号資産に対する融資をサポートしています。

「カウンターパーティなし」の融資:Kavaプラットフォームにより、ユーザーはローンを「自己発行」し、預けられた担保に基づいて新しいUSDXを鋳造し、ユーザーが負債ポジションをクローズするときにUSDXを破壊します。

アルゴリズム的に維持されるステーブルコイン:Kavaは、プライスオラクルを使用して、USDXからUSDへの価格ペグを維持するために、必要な債務対担保比率を下回る「リスクのある」担保付債務ポジションを自動的にオークションにかけます。

経済的インセンティブ化されたガバナンス:KAVAトークンのStakersは、ユーザーが支払ったブロック報酬と手数料を獲得しますが、システムが適切に維持されないと、大幅に削減され、最終手段の貸し手となります。

チーム

Brian Kerr
Brian Kerr
CEO
Scott Stuart
Scott Stuart
Product Manager
Ruaridh O'Donnell
Ruaridh O'Donnell
Blockchain Dev Lead
Kevin Davis
Kevin Davis
Lead Engineer

人気STO/ICO記事

  • 【初心者向け】DMM Bitcoinでのビットコインの買い方・購入方法をわかりやすく解説

    DMM Bitcoinはタレントのローラさんが出演しているCMで話題になった、FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所です。当記事ではでのビットコインの購入方法について、初めてビットコインを買う初心者の方向けに解説します。まだ、口座を持っていないという方は、下記よりDMM Bitcoinの公式サイトにて登録を行って下さい。DMM Bitcoinではビットコインの現物取引だけでなくFX取引を行うこともできます。2種類の取引方法には、それぞれ取引手数料や、取引方法などが異なりますが、ここでは、現物部取引に絞ってご紹介させていただきます。DMM Bitcoinではビットコインの現物取引
  • 【たった5分】DMM Bitcoin(ビットコイン)の口座開設(登録)方法|仮想通貨の始め方!

    DMM BitcoinとはFX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所です。タレントのローラさんが出演しているCMで認知した人も多いのではないでしょうか。金融庁の認可を受け、関東財務局長第00010号の暗号資産交換業者として登録されている安心しておすすめできる取引所です。(仮想通貨取引所に登録する時は金融庁認可を受けているか必ず確認しましょう。)はFXサービス運営会社の最大手DMMが運営していることから、金融系に強いバックボーンを持つ取引所と言えます。実際にトレードサービスが非常に充実しており、レバレッジ取引の取り扱い数は7銘柄(BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BC)の
  • Binance、P2P取引で人民元建の取引が可能に・・中国マネー流入になるか

    中華系の仮想通貨取引所、Binanceは10月9日公式ホームページを通じCNY(中国人民元)建ての取引が可能になったと発表した。現在、取引可能な仮想通貨はBTC、ETH、USDTだ。今、P2P取引へのアクセスには条件があり、30日以上登録されたBinanceのアカウントを持っているユーザーでまずはAndoroidアプリをダウンロードする必要がある。iOSお及び、Web版の展開はもう少し時間がかかる予定だ。Binanceのこの動きで中国マネーの流入が少し期待できるようになった。※でより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。(参照元の確認はチャンネルでお願いします。)<ins></in