KAVA - 分散型金融のためのクロスチェーンプラットフォーム

Kavaは、主要な暗号資産(BTC、XRP、BNB、ATOMなど)のユーザーに担保付きのローンとステーブルコインを提供するクロスチェーンDeFiプラットフォームです。 RippleやCosmosなどの著名な暗号化基金や主要な暗号化プロジェクトなど、世界中の100以上の事業体によってサポートされています。 このプラットフォームには2つのトークンがあります。KAVAは、ネットワークを保護し、主要なパラメーターに投票するガバナンスおよびステーキングトークンです。 USDXは、暗号資産の担保に支えられてアルゴリズム的に維持されたステーブルコインです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
KAVA
開始日時
2019-10-23
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
0.46 USD
トークン供給数
6,521,739
公式サイトへ Owner of KAVA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

多担保債務ポジション:Kavaプラットフォームは、BTC、XRP、BNB、ATOMなどの他のネットワークからの暗号資産に対する融資をサポートしています。

「カウンターパーティなし」の融資:Kavaプラットフォームにより、ユーザーはローンを「自己発行」し、預けられた担保に基づいて新しいUSDXを鋳造し、ユーザーが負債ポジションをクローズするときにUSDXを破壊します。

アルゴリズム的に維持されるステーブルコイン:Kavaは、プライスオラクルを使用して、USDXからUSDへの価格ペグを維持するために、必要な債務対担保比率を下回る「リスクのある」担保付債務ポジションを自動的にオークションにかけます。

経済的インセンティブ化されたガバナンス:KAVAトークンのStakersは、ユーザーが支払ったブロック報酬と手数料を獲得しますが、システムが適切に維持されないと、大幅に削減され、最終手段の貸し手となります。

チーム

Brian Kerr
Brian Kerr
CEO
Scott Stuart
Scott Stuart
Product Manager
Ruaridh O'Donnell
Ruaridh O'Donnell
Blockchain Dev Lead
Kevin Davis
Kevin Davis
Lead Engineer

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規