Jury.Online - 紛争解決の未来

Jury.onlineは、いずれかの当事者が不満を持っている場合には、当事者の一方に有利な判決を下す陪審員によって審査される取引をユーザが行うことを可能にします。 Jury.onlineはまた、特定分野の専門知識を持つ人に、自分の経験や知識で論争の解決し、稼ぐ機会を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
JOT
開始日時
2018-02-12
終了日時
2018-03-14
最低目標
14,285 ETH
初回価格
1 ETH = 210 JOT
トークン供給数
4,900,000
公式サイトへ Owner of Jury.Online?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

預託

マネーはスマートコンタクト残高に保管されています。移送を完全に管理する。

顧客保護

暗号で保護された担保。顧客に偽造不可能なセキュリティを確保する。

マイルストーン支払い

支払いが複数の分割払いに分割される複雑な取引を行う。

論争の解決

誰が正しいか、誰が間違っているかを知るための専門知識を身につける。

海外取引

距離がなくて、世界中で取引を行う。

ブロックチェーンに依存しないプロトコル

スマートコントラクトを使用するブロックチェーンプラットフォームとの統合の可能性を持つ明確な仕様のオープンソースプロトコル。このプロトコルは、基本的なブロックチェーン技術とは独立しています。

公正な裁判と腐敗防止制度

Jury.onlineにはさまざまな腐敗防止システムが組み込まれています。陪審員は、他の陪審の判決を知っていないため、大多数が投票した判決を取ることができません。経済的および格付け動機により、裁判官は、裁定を無作為に渡すのではなく、公正かつ正確に紛争を調査し、解決する必要があります。

ジュリー市場

Jury.onlineは分散型の独立した陪審員市場を形作っています。審査員は、彼らが働く準備ができている価格を提供するので、取引相手は潜在的な紛争がどのくらいの費用を負担するかを事前に知っており、リスクを正確に見積もることができる。

セキュリティ

ブロックチェーン技術に基づいた分散化された安全な操作。

審査のカスタマイズ

取引相手は、取引に関連する特定分野を専門とするプールから陪審員を選ぶことができる。

統合

第三者との簡単な接続:オンラインストア、フリーランスプラットフォーム

チーム すべてを見る

ALEXANDER SHEVTSOV
ALEXANDER SHEVTSOV
FOUNDER & MAIN DEVELOPER
KONSTANTIN KUDRIAVTSEV
KONSTANTIN KUDRIAVTSEV
CTO
SERGEY MISHIN
SERGEY MISHIN
DEVOPS
ANDREI MUKHAMETVALEEV
ANDREI MUKHAMETVALEEV
WEB DEVELOPER
ART PIROZHKOV
ART PIROZHKOV
COO
ANASTASIA BORMOTOVA
ANASTASIA BORMOTOVA
PR

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・