Oathは、ブロックチェーンエコシステムの紛争解決とガバナンスソリューションを提供するセキュリティ層です。「規範は法」ですが、私たちはコモンコンセンサスが本当の法であると信じています。 コードは事前に定義されたパラメータに従って特定の問題を解決することがありますが、Common Consensusは事前に定義されていない、または事前に定義できない、はるかに広範で柔軟な潜在的紛争に対処できます。 私たちのビジョンは、コミュニティの意思決定を容易にするために、パブリックチェーンとdAppの両方で使用できる、堅牢で公平、そして分散された標準的な紛争解決プロトコルを作成することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OATH
開始日時
2019-04-01
終了日時
2019-05-30
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
0.0050 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of OATH Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

OATHは、ブロックチェーンベースの代替紛争解決プロトコルです。チェーンとdAppの間のインフラストラクチャ層です。 OATHは、完全に新しい合意メカニズムであるProof of Common senseを備えた分散型の陪審員コミュニティを使用することにより、堅牢で公平、透明、そして拡張可能な紛争解決プロトコルを提供します。

OATHは、スマートコントラクトに効果的な保証を提供するブロックチェーンガバナンスシステムとして機能します。一方が結果に不満を抱いていて論争が起こった場合、論争を解決するために利害の衝突がない分散型の第三者が存在します。紛争解決メカニズムの利用可能性は、スマートコントラクトの信頼性を向上させ、ブロックチェーンユーザーに信頼できる保護メカニズムを提供します。

OATHはdAppユーザーの保険プロトコルとして機能し、望ましくない相手方の行動からユーザーを保護します。 OATHプロトコルが開始されると、OATH陪審員コミュニティは論争を解決するために評決に投票します。 OATHプロトコルは、ユーザーの信頼性を大幅に向上させ、すべての契約が客観的なシステムによって保証されていることを保証します。

OATHは、実世界の情報を検証することもできます。現在ブロックチェーンにとって大きな問題です。標準的なプロトコルとして、OATHを利用するすべてのdAppは、私たちの陪審員コミュニティからあらゆる種類の実世界の情報を要求することができます。

チーム すべてを見る

Yin Xu
Yin Xu
Co-founder & CEO
Ievgeniia Vatrenko
Ievgeniia Vatrenko
Co-founder & COO - US
Hongwei Wang
Hongwei Wang
Co-founder & Head of Engineering
Will Zhang
Will Zhang
Co-founder
Danyao Zhou
Danyao Zhou
Head of Design
Alice Fu
Alice Fu
Head of Quantitative Modeling

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規