HUNT.BET - ブロックチェーンeSportsギャンブルのプラットフォーム

Hunt.Betは、最も人気のあるサイバースポーツ分野(Legends of Legends、Dota 2、Counter-Strike:GO、HearthStone、Overwatchなど)のブロックチェーンeSportsベッティングプラットフォームです。Hunt.Betは、ニュース、統計、トーナメント放送、eSportアマチュアと プロフェッショナルのコミュニケーションなど多くのコンテンツを提供します。HUNT.BETの革新は、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した新たなベッティング原理に依拠しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HT
開始日時
2017-08-11
終了日時
2017-09-02
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of HUNT.BET?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • ~$1M - 1 HT = $1
  • ~$3M - 1 HT = $1.2
  • ~$7M - 1 HT = $1.3
  • ~$11M - 1 HT = $1.4
  • ~$15M - 1 HT = $1.5

概要

HUNT-BET (ハントベット, HT) のプラットフォームは分散型のプラットフォームであり、発行されるHUNT-BETトークンは2019年に12億ドルの収益が期待されている「eスポーツ」のギャンブルを推進させる為に発行される。また、ギャンブル行為の処理はイーサリアムのスマートコントラクトにより処理される。ブロックチェーン技術を使用することで、ギャンブルへの資金の流れが常に公開され、誰もが確認することが可能である。HUNT-BETの目的は、素晴らしいeスポーツの形を創出することだけではない。HUNT-BETなどのブロックチェーンが益々発展していき、eスポーツのプレイヤー・ギャンブラーにとって、コンピューターサイエンスや発展の目覚ましいテクノロジーが身近に感じられるようにする目的もある。

ユーザーに優しいウォレット

ギャンブルの取引履歴や残高をチャート形式で表示してくれる為、HUNT-BETトークンユーザーは自身の財政状況を把握し易い。

アカウントのカスタマイズ

プロフィールの作成にはトロフィーやボーナスの付与といった機能があり、HUNT-BETトークンユーザーがタスクをこなすと報酬が貰えるなどのシステムが備わっている。

HUNT-BETを取り扱う取引所

2018年6月11日現在、HUNT-BETトークンはIDEK, EitherDeltaなどの取引所でトレードすることが可能である。

チーム

Nikita Fomichev
Nikita Fomichev
HUNT.BET CEO
Dmitry Zimnyukov
Dmitry Zimnyukov
HUNT.BET Project Manager, Marketing Manager
Pavel Korolev
Pavel Korolev
Lead Programme
Dmitry Korolev
Dmitry Korolev
Back-End Developer
Nikita Alkov
Nikita Alkov
HUNT.BET CDO
Anatoly Nikonov
Anatoly Nikonov
Front-End Developer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[