HUNT.BET - ブロックチェーンeSportsギャンブルのプラットフォーム

Hunt.Betは、最も人気のあるサイバースポーツ分野(Legends of Legends、Dota 2、Counter-Strike:GO、HearthStone、Overwatchなど)のブロックチェーンeSportsベッティングプラットフォームです。Hunt.Betは、ニュース、統計、トーナメント放送、eSportアマチュアと プロフェッショナルのコミュニケーションなど多くのコンテンツを提供します。HUNT.BETの革新は、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した新たなベッティング原理に依拠しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HT
開始日時
2017-08-11
終了日時
2017-09-02
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of HUNT.BET?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • ~$1M - 1 HT = $1
  • ~$3M - 1 HT = $1.2
  • ~$7M - 1 HT = $1.3
  • ~$11M - 1 HT = $1.4
  • ~$15M - 1 HT = $1.5

概要

HUNT-BET (ハントベット, HT) のプラットフォームは分散型のプラットフォームであり、発行されるHUNT-BETトークンは2019年に12億ドルの収益が期待されている「eスポーツ」のギャンブルを推進させる為に発行される。また、ギャンブル行為の処理はイーサリアムのスマートコントラクトにより処理される。ブロックチェーン技術を使用することで、ギャンブルへの資金の流れが常に公開され、誰もが確認することが可能である。HUNT-BETの目的は、素晴らしいeスポーツの形を創出することだけではない。HUNT-BETなどのブロックチェーンが益々発展していき、eスポーツのプレイヤー・ギャンブラーにとって、コンピューターサイエンスや発展の目覚ましいテクノロジーが身近に感じられるようにする目的もある。

ユーザーに優しいウォレット

ギャンブルの取引履歴や残高をチャート形式で表示してくれる為、HUNT-BETトークンユーザーは自身の財政状況を把握し易い。

アカウントのカスタマイズ

プロフィールの作成にはトロフィーやボーナスの付与といった機能があり、HUNT-BETトークンユーザーがタスクをこなすと報酬が貰えるなどのシステムが備わっている。

HUNT-BETを取り扱う取引所

2018年6月11日現在、HUNT-BETトークンはIDEK, EitherDeltaなどの取引所でトレードすることが可能である。

チーム

Nikita Fomichev
Nikita Fomichev
HUNT.BET CEO
Dmitry Zimnyukov
Dmitry Zimnyukov
HUNT.BET Project Manager, Marketing Manager
Pavel Korolev
Pavel Korolev
Lead Programme
Dmitry Korolev
Dmitry Korolev
Back-End Developer
Nikita Alkov
Nikita Alkov
HUNT.BET CDO
Anatoly Nikonov
Anatoly Nikonov
Front-End Developer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: