HashNet BitEco - 分散型ブロックチェーン経済を通じたグローバル企業に権限を与え

HNBは、個人と企業が信頼できる、安全に製品やサービスを交換できる、分散型のブロックチェーンネットワークを構築しています。 HNBとHGSのデュアルトークンシステムは、DPOSとAlgorandのハイブリッドコンセンサスアルゴリズムと組み合わせることで、安定した堅牢なエコシステムのためのインフラストラクチャを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HNB
開始日時
2019-02-11
終了日時
2019-02-19
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0880 USD
トークン供給数
22,000,000
公式サイトへ Owner of HashNet BitEco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HNBの使命は、閉ループ経済主体のためのブロックチェーンベースの経済運用メカニズムを設計することです。 透明性があり適切に実施されれば、経済的インセンティブがコミュニティのメンバーによって推進され、このエンティティを実行するさまざまなプロセスを通じてインセンティブを獲得できるのであれば、経済的インセンティブは積極的かつ良き参加者になる動機となるとHNBは考えます。 これにより、参加者の参加と創造性が強化されると同時に、エンティティがより動的でスケーラブルになることが可能になります。 オープンで活発なガバナンスメカニズム、さまざまなビジネスパートナー、十分な規模のユーザー、および最新のテクノロジによって、グローバルな自己進化および自己開発のHNB経済エンティティを確立するのに役立ちます。 次世代のブロックチェーン技術に基づいて、HNBチームは自信を持って、世界で最大の分散型経済社会の1つにその事業体を成長させることを約束します。

チーム すべてを見る

Ken Lee
Ken Lee
CEO/Co-Founder
Haibo Wu
Haibo Wu
COO/Co-Founder
Mark Treleaven
Mark Treleaven
CSO/Co-Founder
Joe Lee
Joe Lee
CMO
Tony Chang
Tony Chang
CTO
Richard Wang
Richard Wang
DFJ Dragon Fund

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本