Fetch.AI - 未来の経済のための分散デジタル世界

Fetch.AIは、無限の市場とユーザーとのやり取りを容易にし、新しい経済活動の世界への導管として機能する分散型デジタルネットワークの構築を目指しています。 Fetch.AIは、分散型の元帳テクノロジ(DLT)の拡張バージョンを使用して構築されており、人工知能(AI)および機械学習(ML)テクノロジと信頼プロトコルの高度な対策を組み合わせて、自律ソフトウェアエージェントが存在するプラットフォームを作成します。 利害関係者(人間の所有者、組織、企業)に代わって作業することで、データの配信やサービスの提供などのタスクを実行します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FET
終了日時
2019-02-25
調達金額
$6,000,000
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
0.0867 USD
トークン供給数
69,179,855
公式サイトへ Owner of Fetch.AI?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BNB, Others
供給率6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Fetchは、世界初の適応型、自己組織型の「スマート元帳」です。 ダム元帳と「スマート」コントラクトは時間がかかり、費用がかかり、複雑な自律システムの要求には不向きです。Fetchは、集合的なスーパーインテリジェンスによって推進される、自律的経済エージェントが積極的な経済活動を実行できる次世代のデジタル世界の基盤です。 比類のないパフォーマンス、スケーラビリティ、独自の便利な作業証明システムにより、Fetchは明日のデジタル経済に欠けている重要なインフラストラクチャを提供します。

チーム すべてを見る

Humayun Sheikh
Humayun Sheikh
Co-founder and CEO
Toby Simpson
Toby Simpson
Co-founder and CTO
Thomas Hain
Thomas Hain
Co-founder and CSO
Jonathan Ward
Jonathan Ward
Head of Research
Troels Rønnow
Troels Rønnow
Head of Software Engineering
Marcin Abram
Marcin Abram
Machine Learning Scientist

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ