Optherium - グローバル金融ブロックチェーンインフラ

Linux、Hyperledger、Crypto Valley FoundationsのメンバーであるOptherium Labsは欧州連合(EU)で、暗号対法定と法定対暗号デジタル通貨取引所とeWalletサービスの完全ライセンスを取得しました。 Optheriumの使命は、すべての金融機関、企業、個人ユーザーがアクセスできるグローバルファイナンスブロックチェーンインフラを構築することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OPEX
開始日時
2018-12-05
終了日時
2019-02-05
初回価格
1 OPEX = 0.75 USD
トークン供給数
1,504,000,000
公式サイトへ Owner of Optherium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率47%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日の接続され統合された世界では、国、地方、管轄区域をまたがるビジネスネットワークで経済活動が行われています。取引には通常、買い手、売り手、仲介業者(銀行、監査人、公証人など)のような様々な参加者が関与し、商取引の合意や契約は元帳に記録されます。ビジネスは通常、複数の元帳を使用して、さまざまな事業分野の参加者間の資産所有権と資産移転を追跡します。元帳は、企業の経済活動および利益に対する記録システムです。

今日使用されているビジネス元帳には、多くの欠陥があります。非効率的で高価であり、詐欺や誤用の対象となります。これらの問題は、金融機関、情報機関、およびその他の制度機関が作成および使用している集中管理された信頼ベースの第三者システムへの依存に起因します。これらの元帳システムは、取引決済におけるボトルネックおよび減速を招きます。透明性が欠如しているだけでなく、腐敗や詐欺への感受性があるため、紛争の可能性が大きくなります。取引を取り消したり、保険を提供したりして紛争を解決するには、コストがかかり、既に過負荷状態になっているシステムにもう1つの非効率的な要素が加わります。これらのリスクと不確定要素は最終的にビジネスチャンスを逃してしまいます。

取引を仲介するために第三者に頼るのではなく、ブロックチェーンネットワークのメンバーノードは、取引の完全性を保証するために、リーガの内容と暗号ハッシュとデジタル署名に同意するコンセンサスプロトコルを使用します。分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワークは、単一の参加者(または参加者のグループ)が基盤となるインフラストラクチャを制御したり、システム全体を損なわないようにします。ネットワークピアは、個々のステータスにかかわらずすべて同じプロトコルに準拠しています。その中心に、システムは、選択されたコンセンサスモデルを使用して、すべてのノードがそれらの取引の有効性に同意するときに取引の時系列を記録します。結果は、ネットワークのすべてのメンバーが合意した、不可逆的かつ分散化された記録です。

チーム すべてを見る

Serge Beck
Serge Beck
Founder & CEO
Roman Kaganov
Roman Kaganov
Chief Technology Officer
Rajvelu Dharmaraj
Rajvelu Dharmaraj
Chief Operating Officer
Morty Lempel
Morty Lempel
Director of Business Development
Bunty Aragwal
Bunty Aragwal
Chief Financial Officer
Ari Zoldan
Ari Zoldan
Chief Marketing Officer

人気STO/ICO記事

  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)