Optherium - グローバル金融ブロックチェーンインフラ

Linux、Hyperledger、Crypto Valley FoundationsのメンバーであるOptherium Labsは欧州連合(EU)で、暗号対法定と法定対暗号デジタル通貨取引所とeWalletサービスの完全ライセンスを取得しました。 Optheriumの使命は、すべての金融機関、企業、個人ユーザーがアクセスできるグローバルファイナンスブロックチェーンインフラを構築することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OPEX
開始日時
2018-12-05
終了日時
2019-02-05
初回価格
1 OPEX = 0.75 USD
トークン供給数
1,504,000,000
公式サイトへ Owner of Optherium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率47%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日の接続され統合された世界では、国、地方、管轄区域をまたがるビジネスネットワークで経済活動が行われています。取引には通常、買い手、売り手、仲介業者(銀行、監査人、公証人など)のような様々な参加者が関与し、商取引の合意や契約は元帳に記録されます。ビジネスは通常、複数の元帳を使用して、さまざまな事業分野の参加者間の資産所有権と資産移転を追跡します。元帳は、企業の経済活動および利益に対する記録システムです。

今日使用されているビジネス元帳には、多くの欠陥があります。非効率的で高価であり、詐欺や誤用の対象となります。これらの問題は、金融機関、情報機関、およびその他の制度機関が作成および使用している集中管理された信頼ベースの第三者システムへの依存に起因します。これらの元帳システムは、取引決済におけるボトルネックおよび減速を招きます。透明性が欠如しているだけでなく、腐敗や詐欺への感受性があるため、紛争の可能性が大きくなります。取引を取り消したり、保険を提供したりして紛争を解決するには、コストがかかり、既に過負荷状態になっているシステムにもう1つの非効率的な要素が加わります。これらのリスクと不確定要素は最終的にビジネスチャンスを逃してしまいます。

取引を仲介するために第三者に頼るのではなく、ブロックチェーンネットワークのメンバーノードは、取引の完全性を保証するために、リーガの内容と暗号ハッシュとデジタル署名に同意するコンセンサスプロトコルを使用します。分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワークは、単一の参加者(または参加者のグループ)が基盤となるインフラストラクチャを制御したり、システム全体を損なわないようにします。ネットワークピアは、個々のステータスにかかわらずすべて同じプロトコルに準拠しています。その中心に、システムは、選択されたコンセンサスモデルを使用して、すべてのノードがそれらの取引の有効性に同意するときに取引の時系列を記録します。結果は、ネットワークのすべてのメンバーが合意した、不可逆的かつ分散化された記録です。

チーム すべてを見る

Serge Beck
Serge Beck
Founder & CEO
Roman Kaganov
Roman Kaganov
Chief Technology Officer
Rajvelu Dharmaraj
Rajvelu Dharmaraj
Chief Operating Officer
Morty Lempel
Morty Lempel
Director of Business Development
Bunty Aragwal
Bunty Aragwal
Chief Financial Officer
Ari Zoldan
Ari Zoldan
Chief Marketing Officer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本