Optherium - グローバル金融ブロックチェーンインフラ

Linux、Hyperledger、Crypto Valley FoundationsのメンバーであるOptherium Labsは欧州連合(EU)で、暗号対法定と法定対暗号デジタル通貨取引所とeWalletサービスの完全ライセンスを取得しました。 Optheriumの使命は、すべての金融機関、企業、個人ユーザーがアクセスできるグローバルファイナンスブロックチェーンインフラを構築することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OPEX
開始日時
2018-12-05
終了日時
2019-02-05
初回価格
1 OPEX = 0.75 USD
トークン供給数
1,504,000,000
公式サイトへ Owner of Optherium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率47%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日の接続され統合された世界では、国、地方、管轄区域をまたがるビジネスネットワークで経済活動が行われています。取引には通常、買い手、売り手、仲介業者(銀行、監査人、公証人など)のような様々な参加者が関与し、商取引の合意や契約は元帳に記録されます。ビジネスは通常、複数の元帳を使用して、さまざまな事業分野の参加者間の資産所有権と資産移転を追跡します。元帳は、企業の経済活動および利益に対する記録システムです。

今日使用されているビジネス元帳には、多くの欠陥があります。非効率的で高価であり、詐欺や誤用の対象となります。これらの問題は、金融機関、情報機関、およびその他の制度機関が作成および使用している集中管理された信頼ベースの第三者システムへの依存に起因します。これらの元帳システムは、取引決済におけるボトルネックおよび減速を招きます。透明性が欠如しているだけでなく、腐敗や詐欺への感受性があるため、紛争の可能性が大きくなります。取引を取り消したり、保険を提供したりして紛争を解決するには、コストがかかり、既に過負荷状態になっているシステムにもう1つの非効率的な要素が加わります。これらのリスクと不確定要素は最終的にビジネスチャンスを逃してしまいます。

取引を仲介するために第三者に頼るのではなく、ブロックチェーンネットワークのメンバーノードは、取引の完全性を保証するために、リーガの内容と暗号ハッシュとデジタル署名に同意するコンセンサスプロトコルを使用します。分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワークは、単一の参加者(または参加者のグループ)が基盤となるインフラストラクチャを制御したり、システム全体を損なわないようにします。ネットワークピアは、個々のステータスにかかわらずすべて同じプロトコルに準拠しています。その中心に、システムは、選択されたコンセンサスモデルを使用して、すべてのノードがそれらの取引の有効性に同意するときに取引の時系列を記録します。結果は、ネットワークのすべてのメンバーが合意した、不可逆的かつ分散化された記録です。

チーム すべてを見る

Serge Beck
Serge Beck
Founder & CEO
Roman Kaganov
Roman Kaganov
Chief Technology Officer
Rajvelu Dharmaraj
Rajvelu Dharmaraj
Chief Operating Officer
Morty Lempel
Morty Lempel
Director of Business Development
Bunty Aragwal
Bunty Aragwal
Chief Financial Officer
Ari Zoldan
Ari Zoldan
Chief Marketing Officer

人気STO/ICO記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・