Optherium - グローバル金融ブロックチェーンインフラ

Linux、Hyperledger、Crypto Valley FoundationsのメンバーであるOptherium Labsは欧州連合(EU)で、暗号対法定と法定対暗号デジタル通貨取引所とeWalletサービスの完全ライセンスを取得しました。 Optheriumの使命は、すべての金融機関、企業、個人ユーザーがアクセスできるグローバルファイナンスブロックチェーンインフラを構築することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OPEX
開始日時
2018-12-05
終了日時
2019-02-05
初回価格
1 OPEX = 0.75 USD
トークン供給数
1,504,000,000
公式サイトへ Owner of Optherium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率47%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日の接続され統合された世界では、国、地方、管轄区域をまたがるビジネスネットワークで経済活動が行われています。取引には通常、買い手、売り手、仲介業者(銀行、監査人、公証人など)のような様々な参加者が関与し、商取引の合意や契約は元帳に記録されます。ビジネスは通常、複数の元帳を使用して、さまざまな事業分野の参加者間の資産所有権と資産移転を追跡します。元帳は、企業の経済活動および利益に対する記録システムです。

今日使用されているビジネス元帳には、多くの欠陥があります。非効率的で高価であり、詐欺や誤用の対象となります。これらの問題は、金融機関、情報機関、およびその他の制度機関が作成および使用している集中管理された信頼ベースの第三者システムへの依存に起因します。これらの元帳システムは、取引決済におけるボトルネックおよび減速を招きます。透明性が欠如しているだけでなく、腐敗や詐欺への感受性があるため、紛争の可能性が大きくなります。取引を取り消したり、保険を提供したりして紛争を解決するには、コストがかかり、既に過負荷状態になっているシステムにもう1つの非効率的な要素が加わります。これらのリスクと不確定要素は最終的にビジネスチャンスを逃してしまいます。

取引を仲介するために第三者に頼るのではなく、ブロックチェーンネットワークのメンバーノードは、取引の完全性を保証するために、リーガの内容と暗号ハッシュとデジタル署名に同意するコンセンサスプロトコルを使用します。分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワークは、単一の参加者(または参加者のグループ)が基盤となるインフラストラクチャを制御したり、システム全体を損なわないようにします。ネットワークピアは、個々のステータスにかかわらずすべて同じプロトコルに準拠しています。その中心に、システムは、選択されたコンセンサスモデルを使用して、すべてのノードがそれらの取引の有効性に同意するときに取引の時系列を記録します。結果は、ネットワークのすべてのメンバーが合意した、不可逆的かつ分散化された記録です。

チーム すべてを見る

Serge Beck
Serge Beck
Founder & CEO
Roman Kaganov
Roman Kaganov
Chief Technology Officer
Rajvelu Dharmaraj
Rajvelu Dharmaraj
Chief Operating Officer
Morty Lempel
Morty Lempel
Director of Business Development
Bunty Aragwal
Bunty Aragwal
Chief Financial Officer
Ari Zoldan
Ari Zoldan
Chief Marketing Officer

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・