HashNet BitEco - 分散型ブロックチェーン経済を通じたグローバル企業に権限を与え

HNBは、個人と企業が信頼できる、安全に製品やサービスを交換できる、分散型のブロックチェーンネットワークを構築しています。 HNBとHGSのデュアルトークンシステムは、DPOSとAlgorandのハイブリッドコンセンサスアルゴリズムと組み合わせることで、安定した堅牢なエコシステムのためのインフラストラクチャを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HNB
開始日時
2019-02-11
終了日時
2019-02-19
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0880 USD
トークン供給数
22,000,000
公式サイトへ Owner of HashNet BitEco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HNBの使命は、閉ループ経済主体のためのブロックチェーンベースの経済運用メカニズムを設計することです。 透明性があり適切に実施されれば、経済的インセンティブがコミュニティのメンバーによって推進され、このエンティティを実行するさまざまなプロセスを通じてインセンティブを獲得できるのであれば、経済的インセンティブは積極的かつ良き参加者になる動機となるとHNBは考えます。 これにより、参加者の参加と創造性が強化されると同時に、エンティティがより動的でスケーラブルになることが可能になります。 オープンで活発なガバナンスメカニズム、さまざまなビジネスパートナー、十分な規模のユーザー、および最新のテクノロジによって、グローバルな自己進化および自己開発のHNB経済エンティティを確立するのに役立ちます。 次世代のブロックチェーン技術に基づいて、HNBチームは自信を持って、世界で最大の分散型経済社会の1つにその事業体を成長させることを約束します。

チーム すべてを見る

Ken Lee
Ken Lee
CEO/Co-Founder
Haibo Wu
Haibo Wu
COO/Co-Founder
Mark Treleaven
Mark Treleaven
CSO/Co-Founder
Joe Lee
Joe Lee
CMO
Tony Chang
Tony Chang
CTO
Richard Wang
Richard Wang
DFJ Dragon Fund

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他