HashNet BitEco - 分散型ブロックチェーン経済を通じたグローバル企業に権限を与え

HNBは、個人と企業が信頼できる、安全に製品やサービスを交換できる、分散型のブロックチェーンネットワークを構築しています。 HNBとHGSのデュアルトークンシステムは、DPOSとAlgorandのハイブリッドコンセンサスアルゴリズムと組み合わせることで、安定した堅牢なエコシステムのためのインフラストラクチャを提供します。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
HNB
開始日時
2019-02-11
終了日時
2019-02-19
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0880 USD
トークン供給数
22,000,000
公式サイトへ Owner of HashNet BitEco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HNBの使命は、閉ループ経済主体のためのブロックチェーンベースの経済運用メカニズムを設計することです。 透明性があり適切に実施されれば、経済的インセンティブがコミュニティのメンバーによって推進され、このエンティティを実行するさまざまなプロセスを通じてインセンティブを獲得できるのであれば、経済的インセンティブは積極的かつ良き参加者になる動機となるとHNBは考えます。 これにより、参加者の参加と創造性が強化されると同時に、エンティティがより動的でスケーラブルになることが可能になります。 オープンで活発なガバナンスメカニズム、さまざまなビジネスパートナー、十分な規模のユーザー、および最新のテクノロジによって、グローバルな自己進化および自己開発のHNB経済エンティティを確立するのに役立ちます。 次世代のブロックチェーン技術に基づいて、HNBチームは自信を持って、世界で最大の分散型経済社会の1つにその事業体を成長させることを約束します。

チーム すべてを見る

Ken Lee
Ken Lee
CEO/Co-Founder
Haibo Wu
Haibo Wu
COO/Co-Founder
Mark Treleaven
Mark Treleaven
CSO/Co-Founder
Joe Lee
Joe Lee
CMO
Tony Chang
Tony Chang
CTO
Richard Wang
Richard Wang
DFJ Dragon Fund

人気ICO記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.27

    皆様、あけましておめでとうございます。2019年もチーム一丸となって「コイン相場」の更なるアップデートを重ねていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。さて、早速ですが開発アップデートに関して、進捗と今後の予定をお知らせ致します。まず朗報です。Android版はついにダークモードがリリースされました。新しいインターフェースは、2週間の設計・開発を経てほぼ完成していますので、早ければ来週にはお披露目できるかと思います。主に日本人に合わせてUXを最適化しており、コンテンツや実用性が大幅に向上しますので乞うご期待下さい。年末に日本でリリースした「みんなのエアドロ」ですが、多くのユーザー様から反
  • そうだ お年玉、配ろう。 「みんなのエアドロ」リリース!

    誰でも簡単にエアドロップできる「みんなのエアドロ」をリリースしました。コイン相場ウォレットが対応している通貨であれば簡単にエアドロップすることができます。なんてシーンで、使ってみてはいかがでしょうか。ピックアップ内の「Airdrop P」を選択(英語名はAirdrop Pなのでこんな表記になっています)配りたい通貨を選択し合計額、配布人数、メッセージを記入下さい。※配布人数の限度は1000人です。入力項目の確認をして下さい。エアドロップ用のウォレットにコインが送金されました。QRコードとリンクが自動生成されます。SNSやチャットでシェアしましょう!※24時間以内に受け取られなかった通貨は作成
  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で