UChain - 共有する経済のためのブロックチェーン

UChainは、グローバルな共有経済のために特別に設計された最初の公共インフラブロックチェーンです。 UChainは、他の共有経済企業と並んで、現在の信頼とデータ濫用の問題を解決するために、基盤となるブロックチェーンネットワークを構築することを目指しています。 UChainによって提供されるAPIとSDKを活用することで、すべての共有経済企業は独自のトークンを発行し、UChainネットワークの上にアプリケーションを構築し、UChainをより良いグローバル自律共有経済エコシステムにすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UCN
最高目標
42,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 UCN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of UChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ピアツーピアネットワーク

仲介者を排除するためのスマートコントラクトを持つ分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワーク。

分散型データストレージ

データセキュリティを向上させるために、暗号化されたデータを細断して別々のノードに保存します。

ユーザークレジット・パスポート

ユーザーの行動を効率的に記録するために、独自の信用格付けアルゴリズムを使用したユーザークレジットパスポートの適用

トークンインセンティブ

トークン化されたエコシステムにより、ユーザーと企業の双方の参加と関与が高まります。

チーム すべてを見る

Ian Yu
Ian Yu
CEO & Founder
Will Zhou
Will Zhou
CTO
Grace Min
Grace Min
Co-founder
Benny Liao
Benny Liao
CPO
Chris Tao
Chris Tao
CSO
Jason Wu
Jason Wu
Senior Architect

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。