UChain - 共有する経済のためのブロックチェーン

UChainは、グローバルな共有経済のために特別に設計された最初の公共インフラブロックチェーンです。 UChainは、他の共有経済企業と並んで、現在の信頼とデータ濫用の問題を解決するために、基盤となるブロックチェーンネットワークを構築することを目指しています。 UChainによって提供されるAPIとSDKを活用することで、すべての共有経済企業は独自のトークンを発行し、UChainネットワークの上にアプリケーションを構築し、UChainをより良いグローバル自律共有経済エコシステムにすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UCN
最高目標
42,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 UCN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of UChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ピアツーピアネットワーク

仲介者を排除するためのスマートコントラクトを持つ分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワーク。

分散型データストレージ

データセキュリティを向上させるために、暗号化されたデータを細断して別々のノードに保存します。

ユーザークレジット・パスポート

ユーザーの行動を効率的に記録するために、独自の信用格付けアルゴリズムを使用したユーザークレジットパスポートの適用

トークンインセンティブ

トークン化されたエコシステムにより、ユーザーと企業の双方の参加と関与が高まります。

チーム すべてを見る

Ian Yu
Ian Yu
CEO & Founder
Will Zhou
Will Zhou
CTO
Grace Min
Grace Min
Co-founder
Benny Liao
Benny Liao
CPO
Chris Tao
Chris Tao
CSO
Jason Wu
Jason Wu
Senior Architect

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調