UChain - 共有する経済のためのブロックチェーン

UChainは、グローバルな共有経済のために特別に設計された最初の公共インフラブロックチェーンです。 UChainは、他の共有経済企業と並んで、現在の信頼とデータ濫用の問題を解決するために、基盤となるブロックチェーンネットワークを構築することを目指しています。 UChainによって提供されるAPIとSDKを活用することで、すべての共有経済企業は独自のトークンを発行し、UChainネットワークの上にアプリケーションを構築し、UChainをより良いグローバル自律共有経済エコシステムにすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UCN
最高目標
42,000 ETH
初回価格
1 ETH = 5,000 UCN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of UChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ピアツーピアネットワーク

仲介者を排除するためのスマートコントラクトを持つ分散型ピアツーピアブロックチェーンネットワーク。

分散型データストレージ

データセキュリティを向上させるために、暗号化されたデータを細断して別々のノードに保存します。

ユーザークレジット・パスポート

ユーザーの行動を効率的に記録するために、独自の信用格付けアルゴリズムを使用したユーザークレジットパスポートの適用

トークンインセンティブ

トークン化されたエコシステムにより、ユーザーと企業の双方の参加と関与が高まります。

チーム すべてを見る

Ian Yu
Ian Yu
CEO & Founder
Will Zhou
Will Zhou
CTO
Grace Min
Grace Min
Co-founder
Benny Liao
Benny Liao
CPO
Chris Tao
Chris Tao
CSO
Jason Wu
Jason Wu
Senior Architect

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価