FreeZone - 自由な仮想通貨経済ゾーン

FreeZoneはブロックチェーンビジネスの新しいエコシステムです。次のものが含まれます:自由な仮想通貨経済ゾーン、5つの事業からなる金融インフラ、自由主義ブロックチェーンコミュニティ。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FRZ
開始日時
2018-03-20
終了日時
2018-04-17
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FRZ = 0.2 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of FreeZone?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユニバーサル取引プラットフォーム

我々は、既存の仮想通貨取引所を分析し、普通の人々が商品や金融ツールを含む様々な資産を容易に売買できる新しいプラットフォームを創出することに決めました。また、様々な売り手が商品を販売できるマーケットプレイス(Ebayに似ています)を作成します。

伝統・仮想通貨銀行

現在、仮想通貨バンクは存在しません。仮想通貨業界に携わる中規模企業を対象とした銀行の創設を計画していますが、伝統通貨も利用できます。

仮想通貨投資銀行

インベストメントバンキングは、仮想通貨市場における非占有のニッチの1つです。私たちは、ICOプロジェクトを評価するための専門家会社を創設し、ICOに関する興味深いプロジェクトの成果を整理するなど、さまざまなサービスを投資家に提供し続けます。

伝統・仮想通貨決済システム

当社の決済システムは、金融インフラの不可欠な部分であり、当行と併せてさらなるシナジーを提供しています。

マーケティングエージェンシー

マーケティングエージェンシーは、Freezone Corporationの民間企業だけでなく、第三者にもさまざまなサービスを提供します。クライアントを魅了するすべてのお金を稼ぐことができる紹介プログラムも作成します。

チーム

Nikolay Batalin
Nikolay Batalin
President of Freezone Corp., Co-Founder
Evgeny Mukhin
Evgeny Mukhin
CEO of Freezone Corp., Co-Founder
Denis Kolesnikov
Denis Kolesnikov
CIO of Freezone Corp., Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数