FreeZone - 自由な仮想通貨経済ゾーン

FreeZoneはブロックチェーンビジネスの新しいエコシステムです。次のものが含まれます:自由な仮想通貨経済ゾーン、5つの事業からなる金融インフラ、自由主義ブロックチェーンコミュニティ。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FRZ
開始日時
2018-03-20
終了日時
2018-04-17
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FRZ = 0.2 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of FreeZone?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユニバーサル取引プラットフォーム

我々は、既存の仮想通貨取引所を分析し、普通の人々が商品や金融ツールを含む様々な資産を容易に売買できる新しいプラットフォームを創出することに決めました。また、様々な売り手が商品を販売できるマーケットプレイス(Ebayに似ています)を作成します。

伝統・仮想通貨銀行

現在、仮想通貨バンクは存在しません。仮想通貨業界に携わる中規模企業を対象とした銀行の創設を計画していますが、伝統通貨も利用できます。

仮想通貨投資銀行

インベストメントバンキングは、仮想通貨市場における非占有のニッチの1つです。私たちは、ICOプロジェクトを評価するための専門家会社を創設し、ICOに関する興味深いプロジェクトの成果を整理するなど、さまざまなサービスを投資家に提供し続けます。

伝統・仮想通貨決済システム

当社の決済システムは、金融インフラの不可欠な部分であり、当行と併せてさらなるシナジーを提供しています。

マーケティングエージェンシー

マーケティングエージェンシーは、Freezone Corporationの民間企業だけでなく、第三者にもさまざまなサービスを提供します。クライアントを魅了するすべてのお金を稼ぐことができる紹介プログラムも作成します。

チーム

Nikolay Batalin
Nikolay Batalin
President of Freezone Corp., Co-Founder
Evgeny Mukhin
Evgeny Mukhin
CEO of Freezone Corp., Co-Founder
Denis Kolesnikov
Denis Kolesnikov
CIO of Freezone Corp., Co-Founder

人気ICO記事

  • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

    2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • 【API連携】Coinbene/コインベネのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があ