FreeZone - 自由な仮想通貨経済ゾーン

FreeZoneはブロックチェーンビジネスの新しいエコシステムです。次のものが含まれます:自由な仮想通貨経済ゾーン、5つの事業からなる金融インフラ、自由主義ブロックチェーンコミュニティ。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FRZ
開始日時
2018-03-20
終了日時
2018-04-17
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FRZ = 0.2 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of FreeZone?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユニバーサル取引プラットフォーム

我々は、既存の仮想通貨取引所を分析し、普通の人々が商品や金融ツールを含む様々な資産を容易に売買できる新しいプラットフォームを創出することに決めました。また、様々な売り手が商品を販売できるマーケットプレイス(Ebayに似ています)を作成します。

伝統・仮想通貨銀行

現在、仮想通貨バンクは存在しません。仮想通貨業界に携わる中規模企業を対象とした銀行の創設を計画していますが、伝統通貨も利用できます。

仮想通貨投資銀行

インベストメントバンキングは、仮想通貨市場における非占有のニッチの1つです。私たちは、ICOプロジェクトを評価するための専門家会社を創設し、ICOに関する興味深いプロジェクトの成果を整理するなど、さまざまなサービスを投資家に提供し続けます。

伝統・仮想通貨決済システム

当社の決済システムは、金融インフラの不可欠な部分であり、当行と併せてさらなるシナジーを提供しています。

マーケティングエージェンシー

マーケティングエージェンシーは、Freezone Corporationの民間企業だけでなく、第三者にもさまざまなサービスを提供します。クライアントを魅了するすべてのお金を稼ぐことができる紹介プログラムも作成します。

チーム

Nikolay Batalin
Nikolay Batalin
President of Freezone Corp., Co-Founder
Evgeny Mukhin
Evgeny Mukhin
CEO of Freezone Corp., Co-Founder
Denis Kolesnikov
Denis Kolesnikov
CIO of Freezone Corp., Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。