FreeZone - 自由な仮想通貨経済ゾーン

FreeZoneはブロックチェーンビジネスの新しいエコシステムです。次のものが含まれます:自由な仮想通貨経済ゾーン、5つの事業からなる金融インフラ、自由主義ブロックチェーンコミュニティ。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FRZ
開始日時
2018-03-20
終了日時
2018-04-17
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FRZ = 0.2 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of FreeZone?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユニバーサル取引プラットフォーム

我々は、既存の仮想通貨取引所を分析し、普通の人々が商品や金融ツールを含む様々な資産を容易に売買できる新しいプラットフォームを創出することに決めました。また、様々な売り手が商品を販売できるマーケットプレイス(Ebayに似ています)を作成します。

伝統・仮想通貨銀行

現在、仮想通貨バンクは存在しません。仮想通貨業界に携わる中規模企業を対象とした銀行の創設を計画していますが、伝統通貨も利用できます。

仮想通貨投資銀行

インベストメントバンキングは、仮想通貨市場における非占有のニッチの1つです。私たちは、ICOプロジェクトを評価するための専門家会社を創設し、ICOに関する興味深いプロジェクトの成果を整理するなど、さまざまなサービスを投資家に提供し続けます。

伝統・仮想通貨決済システム

当社の決済システムは、金融インフラの不可欠な部分であり、当行と併せてさらなるシナジーを提供しています。

マーケティングエージェンシー

マーケティングエージェンシーは、Freezone Corporationの民間企業だけでなく、第三者にもさまざまなサービスを提供します。クライアントを魅了するすべてのお金を稼ぐことができる紹介プログラムも作成します。

チーム

Nikolay Batalin
Nikolay Batalin
President of Freezone Corp., Co-Founder
Evgeny Mukhin
Evgeny Mukhin
CEO of Freezone Corp., Co-Founder
Denis Kolesnikov
Denis Kolesnikov
CIO of Freezone Corp., Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー