Midex - ライセンス取得済の仮想通貨取引所

Midexはエストニアに本社を、アジアに支部を持つ国際企業です。 当社は様々な入出金方法、メイン通貨取引ペア、および堅牢なセキュリティシステムを備えた、世界で初めてEUの規制に適応した仮想通貨取引所です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MDX
開始日時
2018-01-15
終了日時
2018-04-15
最高目標
75,000,000 MDX
初回価格
1MDX = 0.00164ETH
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Midex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Midexはビギナーにもベテランにも最適な取引所を目指しています。Midexは、ライセンスを取得したデジタル資産交換を通じて各経済主体のニーズを網羅する金融プラットフォームです。

暗号通貨資産の保管、転送、交換のための技術サービスを備えた、実際に機能する暗号通貨プラットフォームを構築しています。Midexの製品は、国際取引および世界中での業務遂行に完全に統合されています。

MIDEXの競争上の利点:

  • 暗号通貨を扱う完全に合法的な業務(エストニアのライセンスを取得)
  • パブリックブロックチェーン内のすべてのトランザクションの履歴
  • 1秒あたり最大150万の取引
  • ユーザー専用の秘密鍵アクセス
  • 裁定取引アグリゲーター
  • Midex Exchange内部転送は無料です。
  • システム内のユーザー間の資金の内部振替の手数料は0%。
  • 20%の報酬を与えるために紹介制度を運営

合法性

Midexは仮想通貨とフィアットに関する無期限ライセンスを最初に取得した取引所です。

登録番号 14381075/FVR000001.

セキュリティ

このプラットフォームは、高度なセキュリティシステムを採用しており、メイン資産はコールドウォレットで管理されています。

取引所トークン

MDXトークンは、手数料の割引や、毎日手数料収益の配当を受け取る、などに使用できます。

簡単な入出金

Midexでは、VISA、MasterCard、JCBのようなクレジットカード支払いオプションや、銀行振込が使えます。また、取引所の内部送金は無料です。

出資企業

  • IBM
  • LINUXファウンデーション
  • Bancor
  • イーサリアム
  • ネム財団 など

マイルストーン

2018年7月、仮想通貨取引所を立ち上げ

2018年8月15日、仮想通貨取引所Midexのメインバージョンの公式リリース

2018年10月、デビットカードとクレジットカードで法定通貨デポジットのオプションを提供

2019年1月、SOFORT(主要なオンライン直接支払い方法)で入金オプションを発表

チーム すべてを見る

Andrew Dubinin
Andrew Dubinin
President
Dmitry Machikhin
Dmitry Machikhin
CEO
Alex Shkirin
Alex Shkirin
Head of tax and Legal
Eyal Hertzog
Eyal Hertzog
Produkt advisor
Gabriel Brack
Gabriel Brack
Swiss Financial Expert
Renato Almeida
Renato Almeida
Legal advisor

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、