FreeZone - 自由な仮想通貨経済ゾーン

FreeZoneはブロックチェーンビジネスの新しいエコシステムです。次のものが含まれます:自由な仮想通貨経済ゾーン、5つの事業からなる金融インフラ、自由主義ブロックチェーンコミュニティ。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FRZ
開始日時
2018-03-20
終了日時
2018-04-17
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 FRZ = 0.2 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of FreeZone?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, BCH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユニバーサル取引プラットフォーム

我々は、既存の仮想通貨取引所を分析し、普通の人々が商品や金融ツールを含む様々な資産を容易に売買できる新しいプラットフォームを創出することに決めました。また、様々な売り手が商品を販売できるマーケットプレイス(Ebayに似ています)を作成します。

伝統・仮想通貨銀行

現在、仮想通貨バンクは存在しません。仮想通貨業界に携わる中規模企業を対象とした銀行の創設を計画していますが、伝統通貨も利用できます。

仮想通貨投資銀行

インベストメントバンキングは、仮想通貨市場における非占有のニッチの1つです。私たちは、ICOプロジェクトを評価するための専門家会社を創設し、ICOに関する興味深いプロジェクトの成果を整理するなど、さまざまなサービスを投資家に提供し続けます。

伝統・仮想通貨決済システム

当社の決済システムは、金融インフラの不可欠な部分であり、当行と併せてさらなるシナジーを提供しています。

マーケティングエージェンシー

マーケティングエージェンシーは、Freezone Corporationの民間企業だけでなく、第三者にもさまざまなサービスを提供します。クライアントを魅了するすべてのお金を稼ぐことができる紹介プログラムも作成します。

チーム

Nikolay Batalin
Nikolay Batalin
President of Freezone Corp., Co-Founder
Evgeny Mukhin
Evgeny Mukhin
CEO of Freezone Corp., Co-Founder
Denis Kolesnikov
Denis Kolesnikov
CIO of Freezone Corp., Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数