Finafex - 安全、シームレス、セキュア

Finafexは、Capital Investment Bank Labuan Ltd.の暗号子会社として機能する最先端の暗号資産取引所および取引プラットフォームです。(CIBL) - ラブアンオフショア金融サービス局(LOFSA)の認可を受けて設立された投資銀行。完全に規制された仮想通貨取引所、東南アジアで初めてであり、マレーシアのオフショア金融ハブであるラブアンに基づいた唯一の取引取引所です。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FNX
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Finafex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, EOS
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Finafexは、Labuan Offshore Financial Services Authority(LOFSA)の投資銀行の認可を受けたCapital Investment Bank(Labuan)Ltd(CIBL)の子会社として活動する最先端の暗号資産取引所です。

Finafex仮想通貨取引所は、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの選択された仮想通貨のペアを使用して、50の主要な仮想通貨の取引を許可することで、その運用を開始します。 Finafexはまた、選択された法定通貨と仮想通貨のペアを取引することを可能にします。 Finafexは、活気のあるICOをはじめ、Crypto Launchpadプラットフォーム、革新的なfintechと銀行の生態系のトークンを使用したグローバル送金および決済に続く、Offshore Labuanの仮想通貨および暗号資産産業計画の基盤です。

革新的なブロックチェーンテクノロジによって提供される仮想通貨とトークン化の能力を完全に活用し、あいまいなビジネスモデル、不確かな法令遵守、安全性とセキュリティに欠ける従来の不透明な暗号資産取引所の代替物​​としての役割を果たすことを目指しています。

チーム すべてを見る

Norita Ja'afar
Norita Ja'afar
CEO
Rashdan Ramlee
Rashdan Ramlee
COO
Faisal Shadli Arshad
Faisal Shadli Arshad
CFO
Michael Seow
Michael Seow
SME, Banking & Regulatory
Nur Syukri Zakaria
Nur Syukri Zakaria
SME, Technology
Djuan Onn
Djuan Onn
CMO

人気ICO記事

  • 国内人気仮想通貨リップルとモナコインが購入できるbitbank取引所の特徴を解説から登録まで! - MONA , XRP

    (ビットバンク)はした国内仮想通貨取引所です。として登録されていたり、が頑丈であると定評のある取引所なので仮想通貨デビューをしたい方々にお勧めできる取引所です。国内で人気のある仮想通貨やの取引高が日本一なので、アルトコインで大きな資金を運用したい方も安心して利用できます。また、すべての取り扱い銘柄を取引所形式で売買でき、手数料も安いので頻繁に取引をされる方にはもってこいの取引所です。bitbankは買い板、売り板が存在し、ユーザー同士で売買を行う取引所です。買い板・売り板でまだ、存在しない価格を指値で作ることをといいますがbitbankではメイカー注文の手数料がマイナスとなってい
  • コイン相場ニュースのアップデートについて

    簡単に言うと、お気に入りのメディアをフォローして、自分だけの「マイニュース」を作れるようになりました。こんな感じですね。詳細は、キヨスイさん()のに詳しいので、こちらをご確認下さい。(キヨスイさん、ありがとうございます!!)また、合わせて15個の媒体を追加しました。ちょっと多いのでカテゴリ分けして一言づつ紹介していきますね。マイニュース機能と合わせて使うと、本当に快適というか、コイン相場が有能になります。かなり、運営の個人的な興味(ブロックチェーン)に寄っている感はありますが、一旦ご了承頂けると・・・です。しょーぐんさん()の現役金融マン視点からの仮想通貨市場分析です。昨年末からのスタ
  • Amuse (アミューズ)― 最も有益なアート&カルチャープラットフォームとして2019年に始動

    インターネットの発達によりメディアコンテンツの制作、配信のマーケットはすっかり変わりました。今や世界規模でのコンテンツ消費は容易になり、その速度も以前に比べると格段に速くなりました。実際、世界のエンターテインメント、メディアのマーケットは現在規模と推定されており、今後5年はまだ拡大すると見られています。しかしながらアーティストやコンテンツクリエイターへの公正な報酬、検閲、国際的配信の効率などといった点では業界は非常に困難な問題に直面しています。クリエイターはまず、著作権の問題に直面します。ネット上では何でもコピーされ、自由に拡散されます。このことについてアーティストや制作者にとっての世界共通