Finafex - 安全、シームレス、セキュア

Finafexは、Capital Investment Bank Labuan Ltd.の暗号子会社として機能する最先端の暗号資産取引所および取引プラットフォームです。(CIBL) - ラブアンオフショア金融サービス局(LOFSA)の認可を受けて設立された投資銀行。完全に規制された仮想通貨取引所、東南アジアで初めてであり、マレーシアのオフショア金融ハブであるラブアンに基づいた唯一の取引取引所です。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FNX
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Finafex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, EOS
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Finafexは、Labuan Offshore Financial Services Authority(LOFSA)の投資銀行の認可を受けたCapital Investment Bank(Labuan)Ltd(CIBL)の子会社として活動する最先端の暗号資産取引所です。

Finafex仮想通貨取引所は、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの選択された仮想通貨のペアを使用して、50の主要な仮想通貨の取引を許可することで、その運用を開始します。 Finafexはまた、選択された法定通貨と仮想通貨のペアを取引することを可能にします。 Finafexは、活気のあるICOをはじめ、Crypto Launchpadプラットフォーム、革新的なfintechと銀行の生態系のトークンを使用したグローバル送金および決済に続く、Offshore Labuanの仮想通貨および暗号資産産業計画の基盤です。

革新的なブロックチェーンテクノロジによって提供される仮想通貨とトークン化の能力を完全に活用し、あいまいなビジネスモデル、不確かな法令遵守、安全性とセキュリティに欠ける従来の不透明な暗号資産取引所の代替物​​としての役割を果たすことを目指しています。

チーム すべてを見る

Norita Ja'afar
Norita Ja'afar
CEO
Rashdan Ramlee
Rashdan Ramlee
COO
Faisal Shadli Arshad
Faisal Shadli Arshad
CFO
Michael Seow
Michael Seow
SME, Banking & Regulatory
Nur Syukri Zakaria
Nur Syukri Zakaria
SME, Technology
Djuan Onn
Djuan Onn
CMO

人気ICO記事

  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう