Finafex - 安全、シームレス、セキュア

Finafexは、Capital Investment Bank Labuan Ltd.の暗号子会社として機能する最先端の暗号資産取引所および取引プラットフォームです。(CIBL) - ラブアンオフショア金融サービス局(LOFSA)の認可を受けて設立された投資銀行。完全に規制された仮想通貨取引所、東南アジアで初めてであり、マレーシアのオフショア金融ハブであるラブアンに基づいた唯一の取引取引所です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FNX
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Finafex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, EOS
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Finafexは、Labuan Offshore Financial Services Authority(LOFSA)の投資銀行の認可を受けたCapital Investment Bank(Labuan)Ltd(CIBL)の子会社として活動する最先端の暗号資産取引所です。

Finafex仮想通貨取引所は、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの選択された仮想通貨のペアを使用して、50の主要な仮想通貨の取引を許可することで、その運用を開始します。 Finafexはまた、選択された法定通貨と仮想通貨のペアを取引することを可能にします。 Finafexは、活気のあるICOをはじめ、Crypto Launchpadプラットフォーム、革新的なfintechと銀行の生態系のトークンを使用したグローバル送金および決済に続く、Offshore Labuanの仮想通貨および暗号資産産業計画の基盤です。

革新的なブロックチェーンテクノロジによって提供される仮想通貨とトークン化の能力を完全に活用し、あいまいなビジネスモデル、不確かな法令遵守、安全性とセキュリティに欠ける従来の不透明な暗号資産取引所の代替物​​としての役割を果たすことを目指しています。

チーム すべてを見る

Norita Ja'afar
Norita Ja'afar
CEO
Rashdan Ramlee
Rashdan Ramlee
COO
Faisal Shadli Arshad
Faisal Shadli Arshad
CFO
Michael Seow
Michael Seow
SME, Banking & Regulatory
Nur Syukri Zakaria
Nur Syukri Zakaria
SME, Technology
Djuan Onn
Djuan Onn
CMO

人気STO/ICO記事

  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ