Finafex - 安全、シームレス、セキュア

Finafexは、Capital Investment Bank Labuan Ltd.の暗号子会社として機能する最先端の暗号資産取引所および取引プラットフォームです。(CIBL) - ラブアンオフショア金融サービス局(LOFSA)の認可を受けて設立された投資銀行。完全に規制された仮想通貨取引所、東南アジアで初めてであり、マレーシアのオフショア金融ハブであるラブアンに基づいた唯一の取引取引所です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FNX
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Finafex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, EOS
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Finafexは、Labuan Offshore Financial Services Authority(LOFSA)の投資銀行の認可を受けたCapital Investment Bank(Labuan)Ltd(CIBL)の子会社として活動する最先端の暗号資産取引所です。

Finafex仮想通貨取引所は、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの選択された仮想通貨のペアを使用して、50の主要な仮想通貨の取引を許可することで、その運用を開始します。 Finafexはまた、選択された法定通貨と仮想通貨のペアを取引することを可能にします。 Finafexは、活気のあるICOをはじめ、Crypto Launchpadプラットフォーム、革新的なfintechと銀行の生態系のトークンを使用したグローバル送金および決済に続く、Offshore Labuanの仮想通貨および暗号資産産業計画の基盤です。

革新的なブロックチェーンテクノロジによって提供される仮想通貨とトークン化の能力を完全に活用し、あいまいなビジネスモデル、不確かな法令遵守、安全性とセキュリティに欠ける従来の不透明な暗号資産取引所の代替物​​としての役割を果たすことを目指しています。

チーム すべてを見る

Norita Ja'afar
Norita Ja'afar
CEO
Rashdan Ramlee
Rashdan Ramlee
COO
Faisal Shadli Arshad
Faisal Shadli Arshad
CFO
Michael Seow
Michael Seow
SME, Banking & Regulatory
Nur Syukri Zakaria
Nur Syukri Zakaria
SME, Technology
Djuan Onn
Djuan Onn
CMO

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし