BrikBit - 不動産業のブロックチェーンエコシステム

BrikBit 生態系の中で不動産プロジェクトに関係しているすべての株主は自動化するべきブロックチェーン技術の非中間の可能性を使って、そして資金コレクション、デザイン、創造とマネージメントのような、不動産の企業のすべてのステップの間のいっそう透明な共に典型的な、そして暗黙のプロセスをすることが可能でしょう。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BRIK
開始日時
2018-11-29
終了日時
2019-01-31
最低目標
3,000 ETH
最高目標
24,000 ETH
初回価格
0.1071 USD
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of BrikBit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームDPoS
タイプERC20
参加可能通貨ETH, LISK
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブリックビットはリスクプラットフォーム上で最初の不動産取引アプリケーションとなり、最も広範なプログラミング言語であるジャバスクリプトを使って専用サイドチェーンで開発することができます。

ブリックビットのプラットフォームには、全ての不動産プロジェクト内のバリュー交換を管理するためのすべてのアプリケーションと必要な手段の相互基盤となるステークコンセンサスプロトコル(DPoS)の委任証書に従って独自のブロックチェーンが管理されます。 ブリックビットのプラットフォームでは、新しいプロジェクトのサイドチェーンを作成するだけでなく、別のアプリケーションを購入し、建物の「アバター」を作成することも可能です。インターチェンジと購入はすべて、ブロックチェーンのネイティブコインBRIKを使用して行われます。各不動産プロジェクトは、独自のルールと機能を持つ独自のブロックチェーン(ブリックビットのサイドチェーンとして)を作成することができます。これは、プロジェクトの国と法律によって異なります。それぞれの異なるサイドチェーンは、独自の独立したトークンを持つことができ、BRIKのアクティビティにはリンクされません。

チーム すべてを見る

Thomas Contin
Thomas Contin
Legal Advisor
Marco Sala
Marco Sala
Legal Advisor
Richard Zoni
Richard Zoni
Advisor
Achim Jedelsky
Achim Jedelsky
Advisor
Jo Bronckers
Jo Bronckers
Advisor
Tomica Cesar
Tomica Cesar
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[