Aeryus - 世界初のERC-721決済プロジェクト

AERYUSへようこそ。 世界初のERC-721プロジェクトは、すべてのブロックチェーンプロジェクトを、ブロックチェーントランザクションを非互換スマートコントラクトにカプセル化するトランザクションベースのプロトコルに統合するプロジェクトです。 小売、ピアツーピア、卸売、および契約など、あらゆるタイプの取引は、AERプロトコルを使用してカプセル化され、最も高度なブロックチェーン技術を使用して安全性とセキュリティを保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AER
開始日時
2018-09-01
終了日時
2018-12-31
最低目標
5,000 ETH
最高目標
100,000 ETH
初回価格
0.1034 USD
トークン供給数
429,678,500
公式サイトへ Owner of Aeryus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 50%
  • Crowdsale - 25%

概要

AERYUSは、世界中の仮想通貨の大量採用を可能にするブロックチェーンツールと支払いソリューションの集まりです。    AERYUSは、支払いソリューション、ブロックコンプライアンス、API、画期的なブロックエクスプローラ、マインドベンディングマシン学習、AIアルゴリズムを提供します。 AERYUSプラットフォームを使用することにより、商人や消費者は、国境を越えて金融取引を容易にし、セキュリティを容易にしながら、独占的な仮想通貨の能力の恩恵を享受しながら、世界中の市場に現在のB2C、B2B C2C金融システムのないちょっとした考えを提供します。

チーム すべてを見る

Nicholus Andrews
Nicholus Andrews
Chief Disruptor/President/CEO
Jamie Restrepo
Jamie Restrepo
CFO/Chief Financial Officer
Alan Goodman
Alan Goodman
Chief Brand Levitator
Olga Hall
Olga Hall
Chief Operating Officer
Rob Cline
Rob Cline
Chief Creative Director
Cindi de Vosjoli-Novak
Cindi de Vosjoli-Novak
Chief Creative Strategist

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常