Asure Network - 最初のスケーラブルな分散型社会保障ネットワーク

Asureブロックチェーンは、高性能で安全なproof-of-stakeベースのブロックチェーンであり、低コストで高いトランザクションスループットを可能にします。これは、国内でブロックチェーンベースの社会保障システムを実装するために必要になります。Asure Blockchainは、Web3 Foundation / Parity Technologiesによって開発されたブロックチェーンフレームワークであるSubstrateの上に構築されています。 Substrateは、共通のブロックチェーン機能を非常に抽象化したものであり、共通の機能を再利用し、より早く革新し、そして社会保障制度の領域内で問題を解決する新しいモジュールを開発することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
Asure / ASR
開始日時
2019-08-01
終了日時
2019-12-31
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1.0000 USD
トークン供給数
45,000,000
公式サイトへ Owner of Asure Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    社会保障は、社会の経済的および政治的発展に不可欠な要素です。しかし、社会保障制度にアクセスできない世界には41億人以上の人々がいます。一方で、既存の社会システムには、人口統計上の理由(例:世界の平均2.5と比較して1.5の出生率)または費用上の理由(50%を超えるまたはさらに100%を超える管理費)のために克服しなければならないその他の課題があります。Ethereumブロックチェーンは現在のところ1日あたり最大130万件のトランザクションしか実行できません。社会保障制度は部分的に月額数億の取引に基づいているため、今日のようにブロックチェーンを使用して持続可能な形で実装することはできません。    ブロックチェーンベースの社会保障システムは、従来の社会保障システムと比較していくつかの利点があります。それらは、プロセスの完全性、不変性、そしてシステムの持続可能性を通じて、使用され保存されたデータの一定かつはるかに高品質を保証し、正確なリアルタイム分析を可能にします。トランザクションの透明性と不変性は、操作や不正に対するシステムのセキュリティを保証します。 Blockchainを使用して、面倒でエラーが発生しやすい手作業を排除することで、高度な自動化、コスト効率、およびビジネスプロセスの追跡が容易になります。    ブロックチェーン技術の過去の開発とその結果は、それらを通して実行される金融取引が安全に、自動的にそして仲介者なしで実行できることを示しています。このことは、公衆にサービスを提供し、規則に基づいた金融取引を使用するシステムとしての社会保障システムが、公衆のブロックチェーンにとって妥当なユースケースであることを示唆しています。    CasperやShardingなどのEthereum Blockchain対応ソリューションは、最終的にレイヤー1のスケーラビリティの問題を解決します。社会保障システムにアクセスできない人々であっても、支払いに必要なトランザクション数と支払いは少なくとも関与する人々の数、すなわち年金システムだけの月額ベースでの何十億もの取引に相当します。    このホワイトペーパーの目的は、分散型社会保障システムに関するブロックチェーンテクノロジのすべての利点を維持しながら、最適なスケーラビリティを実現するためのレイヤ2ソリューションを検証することです。

    チーム すべてを見る

    Paul Mizel
    Paul Mizel
    Founder & CEO
    Fabian Raetz
    Fabian Raetz
    Founder & CTO
    Gamal Schmuck
    Gamal Schmuck
    Founder & CFO
    Andrey Kuchaev
    Andrey Kuchaev
    Community Manager
    Kersten Lorenz
    Kersten Lorenz
    Blockchain Expert
    Ramazan Kunas
    Ramazan Kunas
    Blockchain Developer

    人気STO/ICO記事

    • 新規ウォッチリストを追加する方法

      コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
    • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

      2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、