InsCoin for Knox Project - 最初の分散保険会社

InsCoin for Knox Projectは、保険料支払いのための仮想通貨(INSC)を受け入れる最初の保険会社を設立することを目指しており、最初にブロックチェーンの助けを借りて保険契約の改ざん問題を解決します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INSC
開始日時
2018-06-23
終了日時
2018-08-23
最低目標
4,000 ETH
最高目標
39,444 ETH
初回価格
1 INSC = 0.0002 ETH
トークン供給数
270,000,000
公式サイトへ Owner of InsCoin for Knox Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率54 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1st week PRE-ICO - 30%
  • 2st week PRE-ICO - 25%
  • PRE-ICO  +30 ETH - 10%
  • PRE-ICO  +50 ETH - 15%
  • 1-10 days ICO - 20%
  • 21-30 days ICO - 10%
  • 11-20 days ICO - 15%
  • ICO +10  ETH - 5%
  • ICO +30 ETH - 10%
  • ICO +50 ETH - 15%

概要

KNOXプロジェクトは、ブロックチェーン技術を使用して現実の世界をデジタル世界に統合し、最も効率的で先進的な構造を作り、保険の証明と偽造防止の問題の解決策を見つける最初の保険会社になります。スマートコントラクトと伝統的な紙形式の両方で保険を発行するのは初めてです。

スマートコントラクトでは、偽の保険契約の普及は、支払いを受けた後に発行するのと同じシステムであるため、回避されます。

スマートコントラクトでは、支払いを受け取った後にのみ保険契約が発行されるため、会社はクレジットの収集を遅らせることはありません。この要素は、会社自身の管理を大幅に改善することを目指しています。

事故の際にスマートコントラクトを結ぶことで、支払うべきかどうかを判断するのはもはやご都合主義的な行為を取る保険会社ではない、人間の意見に完全に無関心なブロックチェーンシステムは、この事故が保険契約の規定に準拠しているかどうかを判断してくれます。

この利益は、顧客に対する企業の透明性を高めるため、最も重要になります。

チーム すべてを見る

Agostino Raffaele Luongo
Agostino Raffaele Luongo
Co-founder, CEO
Giuseppe Luongo
Giuseppe Luongo
Founder
Francesco Piras
Francesco Piras
ICO Consultant
Anna Maria Calcagni
Anna Maria Calcagni
CFO and COO at INSCOIN Holding OU
Mauro Pili
Mauro Pili
ICO Website
Giuseppe Stabile
Giuseppe Stabile
CHRO and CBDO at INSCOIN Holding OU, Insurance Broker, CEO at GS BROKER

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。