fidentiaX - トレード可能な保険契約の市場

fidentiaXは世界で初めて取引可能な保険契約の市場です。 私たちのビジョンは、ブロックチェーン技術を活用して、大衆のためのトレーディングマーケットプレイスと保険契約のリポジトリを作成することです。 このブロックチェーンを活用した市場は、信頼必要ない不変の監査可能で透過的な環境を提供し、現状を破壊します。 fidentiaX Open Source Foundation(FOSF)は、保険業界におけるブロックチェーン技術の普及を推進するという使命を持って設立されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
fdX
開始日時
2017-11-06
終了日時
2017-12-05
初回価格
1 ETH = 500-575 fdX
トークン供給数
100,000
公式サイトへ Owner of fidentiaX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

identiaXは、世界初の取引可能な保険契約の市場であり、主要な利害関係者に焦点を当てた会員制のエコシステムとなります。

誰にでも生命保険をより高い価値で売れるように

現在契約している生命保険が誰かに高く売れるようになったらどんだけ便利なことか。

保険契約者

既存の保険契約者に対する流動性の代替案として、保険証券のトークン化を可能にするクリアでフェアで効率的なプラットフォームを通じて提供する。

投資商品として

セキュアなトランザクションエコシステムを提供するためにブロックチェーン技術とそのメリットを活用して、投資ポートフォリオの一部としてトレード可能なポリシーを調査する、管理者がない市場をバイヤーに提供します。 当社のプラットフォーム機能は、これらのメンバーステークホルダーのニーズを指針としてデザインされ、開発されます。

チーム すべてを見る

Alvin Ang
Alvin Ang
Co-Founder
Douglas Goh
Douglas Goh
Co-Founder
Long Tran Thanh
Long Tran Thanh
Applications Architect
George Agiasoglou
George Agiasoglou
Software Architect
Roberto Capodieci
Roberto Capodieci
Blockchain Zoo Founder
Jean-Daniel Gauthier
Jean-Daniel Gauthier
Blockchain Zoo Founder

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7