AERYUSへようこそ。 世界初のERC-721プロジェクトは、すべてのブロックチェーンプロジェクトを、ブロックチェーントランザクションを非互換スマートコントラクトにカプセル化するトランザクションベースのプロトコルに統合するプロジェクトです。 小売、ピアツーピア、卸売、および契約など、あらゆるタイプの取引は、AERプロトコルを使用してカプセル化され、最も高度なブロックチェーン技術を使用して安全性とセキュリティを保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AER
開始日時
2018-09-01
終了日時
2018-12-31
最低目標
5,000 ETH
最高目標
100,000 ETH
初回価格
0.1034 USD
トークン供給数
429,678,500
公式サイトへ Owner of Aeryus?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 50%
  • Crowdsale - 25%

概要

AERYUSは、世界中の仮想通貨の大量採用を可能にするブロックチェーンツールと支払いソリューションの集まりです。    AERYUSは、支払いソリューション、ブロックコンプライアンス、API、画期的なブロックエクスプローラ、マインドベンディングマシン学習、AIアルゴリズムを提供します。 AERYUSプラットフォームを使用することにより、商人や消費者は、国境を越えて金融取引を容易にし、セキュリティを容易にしながら、独占的な仮想通貨の能力の恩恵を享受しながら、世界中の市場に現在のB2C、B2B C2C金融システムのないちょっとした考えを提供します。

チーム すべてを見る

Nicholus Andrews
Nicholus Andrews
Chief Disruptor/President/CEO
Jamie Restrepo
Jamie Restrepo
CFO/Chief Financial Officer
Alan Goodman
Alan Goodman
Chief Brand Levitator
Olga Hall
Olga Hall
Chief Operating Officer
Rob Cline
Rob Cline
Chief Creative Director
Cindi de Vosjoli-Novak
Cindi de Vosjoli-Novak
Chief Creative Strategist

人気STO/ICO記事

  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi