Zeon Network - 新しいDAOブロックチェーンプラットフォーム

プラットフォームは、取引レートを100,000 Tx / s(シャーディング)まで拡大し、他のプロジェクト、DApps、クロスチェイントレーディングへの安全な参加を実現するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
ZEON
開始日時
2018-04-27
終了日時
2019-12-31
調達金額
$11,230,000
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.0005 USD
トークン供給数
30,000,000,000
公式サイトへ Owner of Zeon Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームCustom
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, Fiat
供給率60%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ZEON - トランザクションレートを拡大し、他のプロジェクト、クロスチェーントレード、高速P2Pトランザクションへの安全な参加など、ユーザーの主な機能を実装するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームです。

ZEONの設計の基礎は、シャーディングという考え方です。ネットワークを、並列にトランザクションを処理できる小さなシャードに分割します。

既存の仮想通貨とスマートコントラクトプラットフォームはスケーリング制限があることは周知されています。

ビットコイン、イーサリアム、および関連する仮想通貨の平均取引レートは、1シャーディングあたり10トランザクション(通常約3〜7回)以下(Tx / s)に制限されています。    グローバルな支払いネットワークには、数万Tx / sの容量が必要になります。    ZEONの設計により、数百のノードがネットワークに追加されるたびにトランザクションレートが大幅に向上します。

チーム すべてを見る

Igor  Podymenko
Igor Podymenko
Strategy Management
Kirill Levin
Kirill Levin
Technology & Marketing
Roma  Senishin
Roma Senishin
Media & Community
Jermaine John
Jermaine John
Community & Media
Vera  Efremova
Vera Efremova
Public relations
Marcel Arsenault
Marcel Arsenault
Bussiness Development

人気STO/ICO記事

  • Bakktを名乗るフィッシングブログが登場・・注意必要

    米国の金融メディアによると、最近Bakktがビットコイン先物取引をリリースしたばかりだがこの事実を利用し、投資家から仮想通貨を盗み取る詐欺事件が発生している。最近、ベルギー・モルタ島などの規制当局はBakktを名乗るMediumブログ「https://bakktlaunch.com」を摘発、投資家たちに注意を呼び掛けた。同ウェブサイトはBTC、ETHを送金すると送金額の5倍・10倍の仮想通貨を配ると投資家たちをだましている。具体的な被害額はまだ、知られていないがこういった「フィッシングサイト」には注意が必要だ。※参照元はで確認できます。<ins></ins>どの取引所を使えばいいのか、手数料
  • ICBウォレットも持ち逃げか・・一部の資金は現金化済み

    中国・韓国の多数のメディアによると、仮想通貨ウォレットサービスICBウォレットを運営するICCの「持ち逃げ」が疑われている。メディアによると、ICBウォレットは本日(19日)午前、「弊社に対するメディアの悪意を持つ攻撃によりユーザーから信頼を失った」と述べ、「この期間中に出金申請が多くなり、システムに負荷がかかった」と説明した。<ins></ins>また、現在はシステム復旧中につき、出金・配当サービスを一時停止するとアナウンスされている。ICCはシステム点検やアップデートを理由に以前も数回、出金を停止していたことがあったとメディアは説明した。同メディアはブロックチェーンセキュルティー企業「Pe
  • LINEの子会社が運営するBITMAX取引所が本日から運営スタート

    2019年9月6日に金融庁から正式に、認可を受けたLINEのBITMAX取引所が本日(17日)の15時から運営をスタートした。「BITMAX」は、国内で 月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、 イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。出金は「LINE Pay」から可能となり、LINEユーザーにとってはハードルが低く、アクセスしやすい。BITMAXは販売所形式の取引所で、現在スマホで利用できる。(Androidのみ)<ins>