IceChain - ハイスループットトランザクションシステム

IceChainはブロックチェーンを次のレベルに引き上げる次世代の分散型元帳技術を使用しています。IceChainは、従来のブロックチェーンベースのネットワークで発生しているスケーラビリティの問題を解決することを目指しています。 実現するためには、IceChainの二重チェーン設定、シャーディング、ハッシュ・パワー分配を使用します。 IceChainは、金融、エレクトロニクス、電気、テレコミュニケーション、食品、自律型車両、不動産など、あらゆる業界で1秒間に100,000件以上の取引を処理します。 これにより、コストが削減され、最高レベルの透明性が提供されます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ICHX
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-21
調達金額
17,777 ETH
最低目標
1,976 ETH
最高目標
11,976 ETH
初回価格
1 ICHX = 0.00006 ETH
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of IceChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China, Singapore, USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

lceChainは、多数のトランザクションを処理できるシステムを作成しました。 lceChainはスケーラブルで、安全で分散化されたテクノロジーを提供する画期的なデジタルプラットフォームです。これにより、二重支出を防ぐために、ヘッドチェーンに一度に送信されるハッシュパワーが少なくとも50%確保され、無許可のマイニングとトランザクションを活用した、高度なセキュリティが保証されます。プラットフォームはまた、クロストランザクションを発行し、数分で確認することができます。いつでもクロス・トランザクションの数が応答速度を上げるように作用します。

lceChainプラットフォームの下では、ブロック報酬を発行し、全体的により少ないハッシュ・パワーを使用する能力があります。ブロック報酬は比例的に分配され、採掘に必要な全体的なエネルギーを削減し、プラットフォームを経済的に効率的にします。lceChainが業界で支配的なレベルに上がることが可能です。将来的には、顧客が最高レベルのセキュリティでもっとも安価なコストで取引を円滑に進めることができるようになり、古い取引方法が廃止されることになります。スケーリングは、現在の伝統的なブロックチェーンの主要な問題です。 lceChainシステムの下では、これは解決され、プラットフォームは、任意の数のユーザーが同時にトランザクションを行うことができるように、適切に拡張する能力を持つことになります。

チーム

Daniel Ling
Daniel Ling
Founder
Chao Liu
Chao Liu
Project Lead Developer
Huy Dang
Huy Dang
Blockchain Developer
David Lun
David Lun
Software Developer
Monica Tang
Monica Tang
Software Engineer
Ling Deng
Ling Deng
Software Engineer

人気ICO記事

  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • 【ポイ活の始め方】人気ポイントサイト「げん玉」の登録方法を解説!

    げん玉とは会員数440万人を誇る、老舗のポイントサイトです。げん玉を経由してネットサービスを利用すると、お得なポイントが獲得できるので、や、として今(でポイントを稼ぐ活動)が話題になっています。(最近は、高校生のお小遣い稼ぎ方法としても当たり前になっているのだとか)は元々は、が運営していたでしたが、子会社のに事業が受け継がれています。因みに、げん玉に登録するということはRWS(リアルワールドサービス)のIDを取得することになりますので、ようになります。尚、当ページはを具体的に紹介していくトリセツ的なものになりますので、げん玉の詳細を知りたい方は以下の記事をご参照ください。▶
  • 【ポレット(pollet)とは】貯めたポイントを店舗決済で使えるvisaプリペイドカード

    ポイントをチャージできるVisaのプリペイドカードポレット(pollet)をご存知でしょうか。ポレットとはポイントサイトなどで貯めたポイントをvisaプリペイドカードと連携して、ネットやリアル店舗のお買い物で決済利用できるサービスです。のを運営する、の鈴木社長の会社なんです。所在地もオズビジョンと同じですね。を知る人からすると、非常に信頼できる点じゃないでしょうか。事業的にも、からの送客効果、ハピタスポイントの利用用途の拡大など、相乗効果がありそうですね。があります。まとまった量のポイントであれば利用し易いですが、数円単位の細かいポイントだとお買い物には使いにくいですよね・・・そん