Thorchain - 分散交換プロトコル

THORChainは、1秒未満のブロック確定性を達成するためにpBFTコンセンサスを使用して高度に最適化されたマルチチェーンです。 トークンは、個別のアドレススペースを持つtokenChainsとして知られる単一のチェーンで取引されます。 マルチセットシャーディングは、ビザンチン耐性スケーリングを可能にするために提案されます。 ネイティブプロトコルは、指値注文と市場注文の両方をサポートし、プロトコルレベルでのチェーン上の取引と注文のマッチングを容易にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
RUNE
開始日時
2018-10-01
終了日時
2020-09-30
最高目標
176,800 ETH
初回価格
0.0185 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Thorchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

THORChainは、1秒未満のブロック確定性を達成するためにpBFTコンセンサスを使用して高度に最適化されたマルチチェーンです。 トークンは、個別のアドレススペースを持つtokenChainsとして知られる単一のチェーンで取引されます。 マルチセットシャーディングは、ビザンチン耐性スケーリングを可能にするために提案されます。ネイティブプロトコルは、指値注文と市場注文の両方をサポートし、プロトコルレベルでのチェーン上の取引と注文のマッチングを容易にします。継続的な流動性プールは、どのトークンペアでも流動性が常に利用可能であることを保証し、信頼できないオンチェーン価格フィードのソースとしても機能します。これはプロトコルの要です。 手数料インセンティブは、継続的にチェーンの流動性を引き付けるように設計されています。 チェーン上のトークン生成は、固定供給トークンと変動供給トークンの両方に組み込まれており、監査可能な担保付きステーブルコインの可能性があります。 UTXO、アカウントおよび契約ベースの暗号通貨を使用した双方向ペグにより、既存の暗号通貨の大部分をシームレスにTHORChainに移行させることができます。 透明な開発者インセンティブ戦略により、ウォレット開発者および交換開発者はプロトコルレベルで資金を調達することができ、活発な開発者コミュニティが促進されます。 強制的な投票と2次投票によるチェーン上のガバナンスとスマートなアップデートにより、THORChainは、競合するハードフォークなしでニーズに合わせて成長する適応的で反復的なプラットフォームです。 THORChainはFlash Network(レイヤ2支払いチャネルネットワーク)と互換性があるように構築されています。

チーム すべてを見る

Paul Gangemi
Paul Gangemi
ENGINEER
Alan Vantoai
Alan Vantoai
MANAGEMENT, MARKETING
Matthew Nguyen
Matthew Nguyen
DEVELOPER
Gareth Walsh
Gareth Walsh
MANAGEMENT
Jazear Brooks
Jazear Brooks
SENIOR DEVELOPER
Esco Obong
Esco Obong
BLOCKCHAIN DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[