Thorchain - 分散交換プロトコル

THORChainは、1秒未満のブロック確定性を達成するためにpBFTコンセンサスを使用して高度に最適化されたマルチチェーンです。 トークンは、個別のアドレススペースを持つtokenChainsとして知られる単一のチェーンで取引されます。 マルチセットシャーディングは、ビザンチン耐性スケーリングを可能にするために提案されます。 ネイティブプロトコルは、指値注文と市場注文の両方をサポートし、プロトコルレベルでのチェーン上の取引と注文のマッチングを容易にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
RUNE
開始日時
2018-10-01
終了日時
2020-09-30
最高目標
176,800 ETH
初回価格
0.0185 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Thorchain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

THORChainは、1秒未満のブロック確定性を達成するためにpBFTコンセンサスを使用して高度に最適化されたマルチチェーンです。 トークンは、個別のアドレススペースを持つtokenChainsとして知られる単一のチェーンで取引されます。 マルチセットシャーディングは、ビザンチン耐性スケーリングを可能にするために提案されます。ネイティブプロトコルは、指値注文と市場注文の両方をサポートし、プロトコルレベルでのチェーン上の取引と注文のマッチングを容易にします。継続的な流動性プールは、どのトークンペアでも流動性が常に利用可能であることを保証し、信頼できないオンチェーン価格フィードのソースとしても機能します。これはプロトコルの要です。 手数料インセンティブは、継続的にチェーンの流動性を引き付けるように設計されています。 チェーン上のトークン生成は、固定供給トークンと変動供給トークンの両方に組み込まれており、監査可能な担保付きステーブルコインの可能性があります。 UTXO、アカウントおよび契約ベースの暗号通貨を使用した双方向ペグにより、既存の暗号通貨の大部分をシームレスにTHORChainに移行させることができます。 透明な開発者インセンティブ戦略により、ウォレット開発者および交換開発者はプロトコルレベルで資金を調達することができ、活発な開発者コミュニティが促進されます。 強制的な投票と2次投票によるチェーン上のガバナンスとスマートなアップデートにより、THORChainは、競合するハードフォークなしでニーズに合わせて成長する適応的で反復的なプラットフォームです。 THORChainはFlash Network(レイヤ2支払いチャネルネットワーク)と互換性があるように構築されています。

チーム すべてを見る

Paul Gangemi
Paul Gangemi
ENGINEER
Alan Vantoai
Alan Vantoai
MANAGEMENT, MARKETING
Matthew Nguyen
Matthew Nguyen
DEVELOPER
Gareth Walsh
Gareth Walsh
MANAGEMENT
Jazear Brooks
Jazear Brooks
SENIOR DEVELOPER
Esco Obong
Esco Obong
BLOCKCHAIN DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他