TomoChain - トークンエコノミーに最適なプラットフォーム

TomoChainはプルーフ・オブ・ステーク投票コンセンサスを備える150のマスターノードアーキテクチャで運用される。本システムはほぼ手数料ゼロで2秒間取引認証機能を提供しております。また、セキュリティ・安定性・チェーンの完了状態は、二重検証、スマートコントラクトによるステーク、均一なランダム化プロセスといった新技術によって保証されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TOMO
開始日時
2018-03-01
終了日時
2018-03-20
調達金額
100,000,000 TOMO
最高目標
8,500,000 USD
初回価格
1.0 TOMO = 0.25 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of TomoChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

TomoChainは、Ethereumブロックチェーンおよびその他の現在のブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティの問題に対する革新的なソリューションです。 TomoChainは、低い取引手数料と2秒の取引確認時間をサポートできるProof of Stake Voting(POSV)コンセンサスを備えた150のマスターノードのシステムに依存しています。 セキュリティ、安定性、チェーンファイナリティは、二重検証、スマートコントラクトによるステーキング、真のランダム化プロセスなどの新しい手法によって保証されます。

TomoChainは、すべてのEVM互換のスマートコントラクト、プロトコル、およびアトミッククロスチェーントークン転送をサポートしています。 シャーディング、EVM並列化、プライベートチェーン生成、ハードウェア統合などの新しいスケーリング技術が継続的に研究され、TomoChainのMasternodeアーキテクチャに組み込まれます。 小規模および大規模企業向けの分散アプリ、トークン発行、およびトークン統合のための理想的なスケーラブルなスマートコントラクトパブリックブロックチェーンになります。

チーム

Long Vuong
Long Vuong
Founder & CEO
Le Ho
Le Ho
Co-founder & CFO
Kyn Chaturvedi
Kyn Chaturvedi
CBDO
Son Nguyen
Son Nguyen
Co-founder & CTO

人気STO/ICO記事

  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)