Elrond Network - 値転送プロトコル

Elrondは実際のスケーラビリティのための真のState Shardingスキームを導入し、エネルギーと計算上の浪費を排除し、Secure Proof of Stake(SPoS)のコンセンサスメカニズムを介して分散型公平性を確保することにより、最先端技術を超えた新しいアーキテクチャです。 セキュリティに重点を置いているElrondのネットワークは、Sybil攻撃、Rogue-key攻撃、Nothing at Stake攻撃などの既知のセキュリティ問題への対抗を確実に行うために構築されています。 相互接続性を目指すエコシステムでは、スマートコントラクトのElrondのソリューションは、EVM準拠のエンジンを提供し、設計上の相互運用性を保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ERD
開始日時
2019-03-25
終了日時
2019-05-06
最高目標
15,233,500 USD
初回価格
1 ERD = 0.00065 USD
トークン供給数
20,000,000,000
公式サイトへ Owner of Elrond Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Elrond(または「プロジェクト」)は、セキュリティ、効率、スケーラビリティ、および相互運用性を2つの重要な要素(適応状態シャーディングと新しいSecure Proof of Stake( "SPoS")合意メカニズム)を使用して提供することに重点を置いた、ハイスループットのパブリックブロックチェーンです。

Elrondのテストネットは既に稼働しており、5秒の待ち時間と最小限のコスト(5分割に基づく)で、10K TPS以上を処理できます。 このプロジェクトは、プログラマブルマネーとdAppを簡単に展開するためのプラットフォームを目指しており、オープンでパーミッションのない、ボーダレスな、世界的にアクセス可能なインターネット経済のバックボーンになります。

価値提案

Elrondの目標は、実世界のユースケースで効率的で競争力のあるdAppユーザーエクスペリエンスを可能にする、高スループット、高速トランザクション速度、および低トランザクションコストプラットフォームを実現することです。

Elrondは、高いスケーラビリティ、速いトランザクション速度、および低いトランザクションコストが、マシン間トランザクションおよびIoT経済に最適であると考えています。

Elrondトークンエコシステム

  • 取引手数料の支払い
  • ネットワークにdAppを展開するための費用の支払い
  • ネットワークへのさまざまな貢献に対する報酬

最初の数年間、プロジェクトの主な焦点は、ERDトークンを介してのみアクセス可能な、スケーラブルで効率的で相互運用可能なブロックチェーンアーキテクチャを提供する、インターネットエコシステム内のグローバル公共ユーティリティとしてのElrondの確立です。 ネットワーク内のすべてのアクティビティ(すなわち、トランザクションの作成、スマートコントラクトの実行、ステーキングなどのサービスの提供、または検証ノードの実行)は、ERDトークンによって促進されます。 新興企業も大企業も、Elrondのネットワーク上で分散型アプリケーションを構築し、製品およびサービスのインフラストラクチャソリューションの一部としてElrondを統合することができます。

セントラル対応のスループットに匹敵

私たちのアーキテクチャは最先端を超えており、セキュリティ、スケーラビリティ、分散化の間のより良いナッシュ均衡状態を達成することに集中しつつ、パフォーマンスを向上させながら既存のモデルの拡張として見ることができます。

最小限のエネルギーと計算上の要件

Elrondは集中的なPoWコンセンサスアルゴリズムの必要性を排除し、Shake内通信を強化し、ブロックチェーン状態を最も重要なものに枝刈りする、Secure Proof of Stakeのコンセンサスを提案します。

ランダムに選択されたブロック提案者によるセキュリティの強化。

Elrondは、安全性を高め、遅延を減らす改良を導入し、ラウンドの始めに、シャードの各ノードがコンセンサスグループのメンバー(ブロック提案者と検証者)を決定できるようにします。これは、最後のブロックの集約シグネチャがランダム化係数として使用されるため可能です。

クロスブロックチェーン操作の分散化

Elrond Virtual Machineの実装は、基盤となるアーキテクチャを隠し、スマートコントラクト開発者をシステム内部から隔離し、適切な抽象レイヤを確保します。 Elrondでは、仮想マシンレベルでアダプタ機構を使用することで、相互連動性を実装できます。このアプローチでは、EVMと互換性がなく、Elrondと連携したい各チェーンに特化したアダプタが必要です。

トークン供給分配:

  • ランチパッドセールトークンは、総供給量の25%を占めています。
  • プライベートセールトークンは総供給量の19%を占めています。
  • チームトークンは、総供給量の19%を占めています。
  • 予備トークンは総供給量の17%を占めています。
  • 顧問は総供給量の2.5%を受け取りました。
  • エコシステム報酬トークンは全供給量の7%を占めています。
  • マーケティングトークンは総供給量の8.5%を占めています。
  • コミュニティトークンは、全供給量の2%を占めています。

トークンの概要と使用例

  • ERDを対象としたユースケースには、(1)取引手数料の支払い、(2)dAppの展開コストの支払い、(3)ステーキングに対する報酬、およびネットワークへのさまざまな貢献が含まれます。

  • ERDトークンは、ネットワークのSecure Proof of Stake合意を得て参加するために使用されます。

  • さらに、ERDトークンは、取引、保管料、およびガスとしての支払いに使用されます。このトークンは、SPoSバリデータに対する報酬としても機能します。

  • ERDトークンは、オンチェーンガバナンスが有効になったら、後の段階で投票およびオンチェーンガバナンスにも使用されます。

  • Elrondでは、プロトコルで定義されているERDの発行を通じて報酬が支払われます。ごく一部がリザーブプールに行きますが、すべての新しく発行されたERDの大部分はバリデーターに行きます。リザーブプールは開発とエコシステムの拡大に資金を供給するために使用され、長期的にはネットワークのセキュリティと価値を高めます。

  • Elrondで取引が行われるたびに、取引手数料の一部が検証者に支払われ、一部はバーンされ、残りの一部は次のいずれかになります。a)Elrondコミュニティ基金に寄付されるか、b)同様にバーンされます。パーセンテージは、チームからの今後のリリースで一般公開される予定です。

ロードマップ

2019第2四半期

  • プライベートテストネットの立ち上げ
  • クロスシャードコミュニケーションを実装
  • 合意ノードの入れ替えを開始
  • 乱数生成のためのBLSシングルシグを実装
  • コンセンサスシグネチャ集約のためのBLSマルチシグを追加
  • Elrondブロックエクスプローラー&ウォレットを公開   

2019第3四半期

  • パブリックテストネット公開
  • VM統合を公開
  • Elrond Game dAppを完成
  • Elrondトークンの経済性を確定
  • シャードの適応力を開発
  • シャードプルーニングを開発
  • 完全なセキュリティ監査   

2019第4四半期

  • Elrond mainnetのローンチ
  • トークンの交換とステーキングを開始する
  • 機能的な支払いゲートウェイを実装する
  • Elrond dAppストアの立ち上げ
  • Elrondネームサービスを開始

2020第1四半期

  • Elrondデジタルアイデンティティを紹介
  • Elrond DEXを公開

チーム すべてを見る

Beniamin Mincu
Beniamin Mincu
CEO
Lucian Todea
Lucian Todea
COO
Lucian Mincu
Lucian Mincu
CIO
Felix Crisan
Felix Crisan
Head of Research
Radu Chis
Radu Chis
Head of Technology
Sebastian Marian
Sebastian Marian
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins