Elrond Network - 値転送プロトコル

Elrondは実際のスケーラビリティのための真のState Shardingスキームを導入し、エネルギーと計算上の浪費を排除し、Stake(SPoS)のコンセンサスメカニズムを介して分散型公平性を確保することにより、最先端技術を超えた新しいアーキテクチャです。 セキュリティに重点を置いているElrondのネットワークは、Sybil攻撃、Rogue-key攻撃、Nothing at Stake攻撃などの既知のセキュリティ問題への対抗を確実に行うために構築されています。 相互接続性を目指すエコシステムでは、スマートコントラクトのためのElrondのソリューションは、EVM準拠のエンジンを提供し、設計上の相互運用性を保証します。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ERD
最高目標
15,233,500 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
20,000,000,000
公式サイトへ Owner of Elrond Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    セントラル対応のスループットに匹敵

    私たちのアーキテクチャは最先端を超えており、セキュリティ、スケーラビリティ、分散化の間のより良いナッシュ均衡状態を達成することに集中しつつ、パフォーマンスを向上させながら既存のモデルの拡張として見ることができます。

    最小限のエネルギーと計算上の要件

    Elrondは集中的なPoWコンセンサスアルゴリズムの必要性を排除し、Shake内通信を強化し、ブロックチェーン状態を最も重要なものに枝刈りする、Secure Proof of Stakeのコンセンサスを提案します。

    ランダムに選択されたブロック提案者によるセキュリティの強化。

    Elrondは、安全性を高め、遅延を減らす改良を導入し、ラウンドの始めに、シャードの各ノードがコンセンサスグループのメンバー(ブロック提案者と検証者)を決定できるようにします。これは、最後のブロックの集約シグネチャがランダム化係数として使用されるため可能です。

    クロスブロックチェーン操作の分散化

    Elrond Virtual Machineの実装は、基盤となるアーキテクチャを隠し、スマートコントラクト開発者をシステム内部から隔離し、適切な抽象レイヤを確保します。 Elrondでは、仮想マシンレベルでアダプタ機構を使用することで、相互連動性を実装できます。このアプローチでは、EVMと互換性がなく、Elrondと連携したい各チェーンに特化したアダプタが必要です。

    チーム すべてを見る

    Beniamin Mincu
    Beniamin Mincu
    CEO
    Lucian Todea
    Lucian Todea
    COO
    Lucian Mincu
    Lucian Mincu
    CIO
    Felix Crisan
    Felix Crisan
    Head of Research
    Radu Chis
    Radu Chis
    Head of Technology
    Sebastian Marian
    Sebastian Marian
    Core Developer

    人気ICO記事

    • 「コイン相場」開発週報 Vol.27

      皆様、あけましておめでとうございます。2019年もチーム一丸となって「コイン相場」の更なるアップデートを重ねていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。さて、早速ですが開発アップデートに関して、進捗と今後の予定をお知らせ致します。まず朗報です。Android版はついにダークモードがリリースされました。新しいインターフェースは、2週間の設計・開発を経てほぼ完成していますので、早ければ来週にはお披露目できるかと思います。主に日本人に合わせてUXを最適化しており、コンテンツや実用性が大幅に向上しますので乞うご期待下さい。年末に日本でリリースした「みんなのエアドロ」ですが、多くのユーザー様から反
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

      先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
    • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

      ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ