Elrond Network - 値転送プロトコル

Elrondは実際のスケーラビリティのための真のState Shardingスキームを導入し、エネルギーと計算上の浪費を排除し、Stake(SPoS)のコンセンサスメカニズムを介して分散型公平性を確保することにより、最先端技術を超えた新しいアーキテクチャです。 セキュリティに重点を置いているElrondのネットワークは、Sybil攻撃、Rogue-key攻撃、Nothing at Stake攻撃などの既知のセキュリティ問題への対抗を確実に行うために構築されています。 相互接続性を目指すエコシステムでは、スマートコントラクトのためのElrondのソリューションは、EVM準拠のエンジンを提供し、設計上の相互運用性を保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ERD
開始日時
2019-03-25
終了日時
2019-05-06
最高目標
15,233,500 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
20,000,000,000
公式サイトへ Owner of Elrond Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

セントラル対応のスループットに匹敵

私たちのアーキテクチャは最先端を超えており、セキュリティ、スケーラビリティ、分散化の間のより良いナッシュ均衡状態を達成することに集中しつつ、パフォーマンスを向上させながら既存のモデルの拡張として見ることができます。

最小限のエネルギーと計算上の要件

Elrondは集中的なPoWコンセンサスアルゴリズムの必要性を排除し、Shake内通信を強化し、ブロックチェーン状態を最も重要なものに枝刈りする、Secure Proof of Stakeのコンセンサスを提案します。

ランダムに選択されたブロック提案者によるセキュリティの強化。

Elrondは、安全性を高め、遅延を減らす改良を導入し、ラウンドの始めに、シャードの各ノードがコンセンサスグループのメンバー(ブロック提案者と検証者)を決定できるようにします。これは、最後のブロックの集約シグネチャがランダム化係数として使用されるため可能です。

クロスブロックチェーン操作の分散化

Elrond Virtual Machineの実装は、基盤となるアーキテクチャを隠し、スマートコントラクト開発者をシステム内部から隔離し、適切な抽象レイヤを確保します。 Elrondでは、仮想マシンレベルでアダプタ機構を使用することで、相互連動性を実装できます。このアプローチでは、EVMと互換性がなく、Elrondと連携したい各チェーンに特化したアダプタが必要です。

チーム すべてを見る

Beniamin Mincu
Beniamin Mincu
CEO
Lucian Todea
Lucian Todea
COO
Lucian Mincu
Lucian Mincu
CIO
Felix Crisan
Felix Crisan
Head of Research
Radu Chis
Radu Chis
Head of Technology
Sebastian Marian
Sebastian Marian
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • ポートフォリオ機能が利用できない - Android限定の現象

    Androidは機種のパスコードを設定していないとポートフォリオがご利用になれない仕組みとなっています。まず機種のパスコードを設定してからポートフォリオをご利用ください。[
  • コイン相場アプリのFAQ - ウォレット・ポートフォリオ・チャートなど

  • 【API連携】Zaif/ザイフとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    もし、多数の仮想通貨取引所で取引を行っている方々はこの記事に注目してください。多数の取引所の資産を一目で管理できる機能が今から説明するAPI連携機能です。一回だけ各取引所と連携しておくと、取引や資産管理がスピーディーにできますので是非、API連携をお試しください。Zaif運営元はテックビューロという会社です。2018年取引所に不正アクセスにより約70億円の仮想通貨流出被害を受けました。テックビューロはこの事件によりJASDAQ上場企業であるフィスコグループのフィスコ仮想通貨取引所へZaifの事業を譲渡することを決めている状態です。Zaifの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)・イーサリアム(E