Atonomi - IoTのセキュリティプロトコル

Atonomiは、数十億のIoTデバイスがデータと商取引の両方に対して信頼できる相互運用性を持つことを可能にする新しいセキュリティプロトコルとインフラストラクチャを提供します。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
公式サイトへ Owner of Atonomi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン技術の導入以来、開発者はIoTを保護する可能性を認識しています。しかし、デバイスのアイデンティティと評判を検証することになると、彼らは壁にぶつかりました。 Aotomiは、IoTデバイスの相互作用と商取引のための安全なエコシステムを構築することにより、これらの問題を解決します。これは何十億ものトランザクションに関わる数十億のIoTデバイスをサポートするために不可欠です。

Ethereumプラットフォーム上に構築された基本的なAtonomiアーキテクチャには、ユーザーとエコシステム開発者にとって重要な要素が含まれます。

  • アイデンティティを確立するためのサービス信頼できるアイデンティティは、IoTデバイスが情報を交換し、行動を起こし、商品やサービスを売買するために必要な保険を提供します。いったん登録されると、デバイスはAtonomiネットワークによって認識され、信頼されており、デバイスの所有者が使用開始時にデバイスをアクティブにできる状態になります。

  • 評判を管理するためのプロトコルとシステムデバイスのアイデンティティが確立されると、セキュアな相互運用性が存在するようにデバイスの評判を管理する必要があります。デバイスの評判は、セキュリティ、商業、社会、サービス、およびその他の品質測定の程度を表すユニークな行動シグネチャで構成されています。 Atonomiの評判プロトコルは、信頼性の高いデバイスが自律的に安全に相互作用する未来の鍵となるものです。

  • Atonomiネットワークのサービスを促進するトークン Atonomiは、アイデンティティと評判を通じてIoTデバイスの安全で信頼できる相互運用性を可能にするグローバルなエコシステムを構築しようとしています。私たちのビジョンは、イーサリアムを活用しているAtonomiネットワーク上のデバイスのアイデンティティと評判をトークン化し、トークンをエコシステム参加を促進する手段として活用することです。 OEM /デバイスメーカー、ディストリビューター、デバイス所有者、審査員などの主要参加者は、Atonomi Networkに参加するAtonomiトークンを受け取ります。

  • Extensible Architectureの構築 Atonomiネットワークは、新規および既存の市場セグメントの追加ニーズを満たすために、他の人がサービスを構築し、拡張するように設計されています。 Identity RegistryとTransaction Ledgerを、医療、産業用IoT、ホームオートメーションなどのサービスに統合することで、さまざまなメーカーのデバイスを、カスタムAPI開発の複雑さや未知のデバイス間のオープンな通信に伴うセキュリティリスクなしで相互運用できます。

チーム すべてを見る

Vaughan Emery
Vaughan Emery
CEO & Founder
David Fragale
David Fragale
Co-Founder and VP of Product
Mike Mackey
Mike Mackey
CTO and VP of Engineering
Luis Paris
Luis Paris
Chief Data Scientist
Andrii Zamovsky
Andrii Zamovsky
Strategic Development Partner
John Clippinger
John Clippinger

人気ICO記事

  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat
  • アリババコイン世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載され、ユーザーによる取引がより便利に

    は、財団発行の通貨ABBC コインが世界9か所の主要取引所の取扱通貨一覧表に掲載されたことを発表いたします。アリババコイン財団CEO ポール・フィリップとそのチームのメンバーは、より多くのユーザー獲得、ABBC コインでの取引の便宜向上のため、世界の取引所の取扱通貨一覧表へのABBC コイン掲載を目指し常に業務に取り組んでまいりました。今やABBCコインはBitforexC、oinsuper、Coinbene、Ooobtc、Dragonex、Idax, Topbtc、Rightbtc、Sistemkoinの取扱通貨一覧表に掲載されています。すべてのコミュニティメンバー、ユーザー、アリババコイ
  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong