Atonomi - IoTのセキュリティプロトコル

Atonomiは、数十億のIoTデバイスがデータと商取引の両方に対して信頼できる相互運用性を持つことを可能にする新しいセキュリティプロトコルとインフラストラクチャを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Unknown
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Atonomi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン技術の導入以来、開発者はIoTを保護する可能性を認識しています。しかし、デバイスのアイデンティティと評判を検証することになると、彼らは壁にぶつかりました。 Aotomiは、IoTデバイスの相互作用と商取引のための安全なエコシステムを構築することにより、これらの問題を解決します。これは何十億ものトランザクションに関わる数十億のIoTデバイスをサポートするために不可欠です。

Ethereumプラットフォーム上に構築された基本的なAtonomiアーキテクチャには、ユーザーとエコシステム開発者にとって重要な要素が含まれます。

  • アイデンティティを確立するためのサービス信頼できるアイデンティティは、IoTデバイスが情報を交換し、行動を起こし、商品やサービスを売買するために必要な保険を提供します。いったん登録されると、デバイスはAtonomiネットワークによって認識され、信頼されており、デバイスの所有者が使用開始時にデバイスをアクティブにできる状態になります。

  • 評判を管理するためのプロトコルとシステムデバイスのアイデンティティが確立されると、セキュアな相互運用性が存在するようにデバイスの評判を管理する必要があります。デバイスの評判は、セキュリティ、商業、社会、サービス、およびその他の品質測定の程度を表すユニークな行動シグネチャで構成されています。 Atonomiの評判プロトコルは、信頼性の高いデバイスが自律的に安全に相互作用する未来の鍵となるものです。

  • Atonomiネットワークのサービスを促進するトークン Atonomiは、アイデンティティと評判を通じてIoTデバイスの安全で信頼できる相互運用性を可能にするグローバルなエコシステムを構築しようとしています。私たちのビジョンは、イーサリアムを活用しているAtonomiネットワーク上のデバイスのアイデンティティと評判をトークン化し、トークンをエコシステム参加を促進する手段として活用することです。 OEM /デバイスメーカー、ディストリビューター、デバイス所有者、審査員などの主要参加者は、Atonomi Networkに参加するAtonomiトークンを受け取ります。

  • Extensible Architectureの構築 Atonomiネットワークは、新規および既存の市場セグメントの追加ニーズを満たすために、他の人がサービスを構築し、拡張するように設計されています。 Identity RegistryとTransaction Ledgerを、医療、産業用IoT、ホームオートメーションなどのサービスに統合することで、さまざまなメーカーのデバイスを、カスタムAPI開発の複雑さや未知のデバイス間のオープンな通信に伴うセキュリティリスクなしで相互運用できます。

チーム すべてを見る

Vaughan Emery
Vaughan Emery
CEO & Founder
David Fragale
David Fragale
Co-Founder and VP of Product
Mike Mackey
Mike Mackey
CTO and VP of Engineering
Luis Paris
Luis Paris
Chief Data Scientist
Andrii Zamovsky
Andrii Zamovsky
Strategic Development Partner
John Clippinger
John Clippinger

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株