Novam - IoTのための分散型サイバーセキュリティ

NOVAMは、IoTデバイスに対する脅威を監視し、自動的に緩和し、エンタープライズに対する監査およびコンプライアンス調査を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MNVM
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-01-10
最低目標
500,000 USD
最高目標
2,076,923 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
435,000,000
公式サイトへ Owner of Novam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    NOVAMは、人間の免疫システムに触発され、サイバーセキュリティについての考え方を、不可知論的、自律的、自己検出的、自己修復的アプローチで変えました。私たちの目標は、接続性、セキュリティ、スケーラビリティ、および相互運用性を念頭に置いて、接続環境でIoTデバイスを保護することです。

    なぜNOVAMが必要なのですか?

    サイバー犯罪はまったく新しいものです。ますます増え続ける肥沃な業界である現在、サイバー犯罪者は、攻撃されている企業や組織と同様に、経験豊かで精通です。この先進的なサイバー犯罪は、セキュリティ違反、悪意のあるサイバー脅威、攻撃の多面的な性質に大きな関心を持ち、新たな視点を求めています。これまで以上に、すぐに使用できる製品、サービス、またはソリューションが必要です。デジタルの進化により、私たちはサイバーセキュリティについて知っていることを再考し、デジタル環境の変化は新しい脅威にさらされ続けると、NOVAMは、必要に応じて耐性を増強するように設計された自己修復プラットフォームで企業、組織と人間を守ります。

    NOVAMはできることは何ですか?

    NOVAMは、分散された元帳技術とAIを使用して、安全なブートチェーン、オペレーティングシステム、モバイルアプリケーション、およびネットワークからのIoT脅威を自動的に監視および緩和します。また、NOVAMは、脅威監視および検出サービスに監査および規制遵守の統合を提供し、システムイベントが不変の分散元帳に確実に含まれるようにします。 NOVAMは、健康診断の精度を向上させるDLTを活用した初めての人工知能主導のサイバーセキュリティプログラムです。 NOVAMは異常を発見するだけでなく、技術的な耐性システムを強化するためにそれらを修正し、既存の危険性の予知なしに脅威を除去します。機械学習と確率論的数学を使用して、常に警戒し、常に存在し、デバイスにとらわれないセキュリティシステムを提供するつもりです。

    チーム

    Adam Perschke
    Adam Perschke
    Chief Executive Officer
    Ian Perschke
    Ian Perschke
    Head Enterprise Architect
    Brooks McMillin
    Brooks McMillin
    Head of Security Operations
    Ty Bartholomew
    Ty Bartholomew
    Head of Marketing
    Christian Schnedler
    Christian Schnedler
    Advisor

    人気STO/ICO記事

    • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

      ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
    • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

      暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
    • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

      ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表