Novam - IoTのための分散型サイバーセキュリティ

NOVAMは、IoTデバイスに対する脅威を監視し、自動的に緩和し、エンタープライズに対する監査およびコンプライアンス調査を提供します。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
MNVM
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-01-10
最低目標
500,000 USD
最高目標
2,076,923 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
435,000,000
公式サイトへ Owner of Novam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    NOVAMは、人間の免疫システムに触発され、サイバーセキュリティについての考え方を、不可知論的、自律的、自己検出的、自己修復的アプローチで変えました。私たちの目標は、接続性、セキュリティ、スケーラビリティ、および相互運用性を念頭に置いて、接続環境でIoTデバイスを保護することです。

    なぜNOVAMが必要なのですか?

    サイバー犯罪はまったく新しいものです。ますます増え続ける肥沃な業界である現在、サイバー犯罪者は、攻撃されている企業や組織と同様に、経験豊かで精通です。この先進的なサイバー犯罪は、セキュリティ違反、悪意のあるサイバー脅威、攻撃の多面的な性質に大きな関心を持ち、新たな視点を求めています。これまで以上に、すぐに使用できる製品、サービス、またはソリューションが必要です。デジタルの進化により、私たちはサイバーセキュリティについて知っていることを再考し、デジタル環境の変化は新しい脅威にさらされ続けると、NOVAMは、必要に応じて耐性を増強するように設計された自己修復プラットフォームで企業、組織と人間を守ります。

    NOVAMはできることは何ですか?

    NOVAMは、分散された元帳技術とAIを使用して、安全なブートチェーン、オペレーティングシステム、モバイルアプリケーション、およびネットワークからのIoT脅威を自動的に監視および緩和します。また、NOVAMは、脅威監視および検出サービスに監査および規制遵守の統合を提供し、システムイベントが不変の分散元帳に確実に含まれるようにします。 NOVAMは、健康診断の精度を向上させるDLTを活用した初めての人工知能主導のサイバーセキュリティプログラムです。 NOVAMは異常を発見するだけでなく、技術的な耐性システムを強化するためにそれらを修正し、既存の危険性の予知なしに脅威を除去します。機械学習と確率論的数学を使用して、常に警戒し、常に存在し、デバイスにとらわれないセキュリティシステムを提供するつもりです。

    チーム

    Adam Perschke
    Adam Perschke
    Chief Executive Officer
    Ian Perschke
    Ian Perschke
    Head Enterprise Architect
    Brooks McMillin
    Brooks McMillin
    Head of Security Operations
    Ty Bartholomew
    Ty Bartholomew
    Head of Marketing
    Christian Schnedler
    Christian Schnedler
    Advisor

    人気ICO記事

    • ウィジェットが更に進化!「コイン相場」開発週報 Vol.22

      先週は細かい修正に注力しました。是非ダウンロードしてください!それと同時に新しいUI設計も進めております。同期の進行状況が分かるグラフを表示しました。値上がり時は緑字、値下がり時は赤字で価格が表示されるようになりました。これで価格の上下が一瞬で分かるようになります。韓国でもAirDropQを開催すべく対応作業中です。デザインチームが先週の金曜、新しい案を発表しました。こちらもご期待ください。
    • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

      既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ
    • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

      世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で