HEROIC.com - AI-Poweredサイバーセキュリティの未来

サイバー攻撃の脅威が指数関数的に増加するにつれて、現代のサイバーセキュリティソリューションは反応的で、時代遅れで、効果がありません。 AIによるセキュリティーの最近の進歩は素晴らしいですが、ほとんどの場合、大規模な企業アプリケーションに限定されており、攻撃に対して最も脆弱な人々の手に届かない状態になっています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HRO
開始日時
2018-04-17
終了日時
2018-06-15
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
41,000,000 USD
初回価格
1 HRO = 0.1125 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of HEROIC.com?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

HEROIC.comは、現在および次世代のサイバー脅威から守るために、人工知能とブロックチェーンを使って将来のサイバーセキュリティを強化しています。

サイバー脅威が指数関数的に増加するにつれて、現代のサイバーセキュリティは時代遅れで、効果がありません。大多数の脅威データは大企業や政府によって管理されており、保護を向上させる次世代ソリューションを構築することは困難でコストがかかります。人工知能に基づく脅威防御の最近の進歩は有望ですが、ソリューションは大部分が大企業のアプリケーションに独占的に導入されており、攻撃に対して最も脆弱な人々の手に届かないものになっています。

HEROIC.comは、AIによる脅威から保護する新しいアプローチを採用しています。大規模なデータ、人工知能、ブロックチェーン、分散型ピアツーピア脅威防止プラットフォームを活用して、HEROIC.comはサイバーセキュリティを変革し、次世代ソリューションを普遍的に利用できるようにします。

HEROIC.comは、HEROICを通じて次世代のサイバーセキュリティを実現するための開発者と企業に力を与え、インセンティブを与える。 com Ecosystemには、HEROIC Arc Reactorと呼ばれるオープンな脅威情報交換、HEROIC Guardianと呼ばれる統一されたセキュリティ管理プラットフォーム、研究開発環境が含まれています。このエコシステム内のコラボレーションのモチベーションは、HEROIC.comの暗号通貨のブロックチェーンとHRO(英雄と発音される)の使用を通じてインセンティブを与えられます。

人工知能とブロックチェーンに統合されたサイバー脅威データの組み合わせは、AIを搭載したサイバーセキュリティの未来であり、提供されたデータを利用できる数千もの潜在的なアプリケーションを予期しています。オープンなブロックチェーンを備えたサイバーセキュリティエコシステムは、仲介業者からの摩擦やコストを削減し、より安全な世界を提供しながら、次世代の脅威の保護のための大きな機会を提供します。

HEROIC.comエコシステムとHROトークンは、セキュリティ、プライバシー、および信頼性をグローバルに確保するために、サイバーセキュリティ業界全体で使用される新しい標準になります。

チーム すべてを見る

Chad Bennett
Chad Bennett
CEO, Chief Architect - 3 x Inc.500, 15+ Year Cybersecurity Professional, Hacker/Coder
Dave McDonald
Dave McDonald
COO, Engineering - Previously with Dell, Motorola, and Nortel.
Jake Kendall
Jake Kendall
Client Success - 12 years of leadership experience in customer support
Wyatt Semanek
Wyatt Semanek
Marketing & PR - Previously with Qualtrics &The Walton Group
Sagar Acharya
Sagar Acharya
Senior Software Developer - Blockchain
Ganesh Dharmawat
Ganesh Dharmawat
Senior Software Developer - Blockchain

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )