R3S - サイバーセキュリティにおける完全なパラダイムシフト

R3Secはハッカーを困らせて、業界に革命を起こすサイバーセキュリティ会社です。我々は無防備な人の代わりにサーバーを目標に動かすことで、経済を活性化したいと考えています。さらに、ブロックチェーン上で脅威に対する情報を交換し、脆弱性を報告することで報酬を得て、世界中のすべての情報セキュリティ担当者に安心を提供したいというエコシステムを構築することを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
R3S
最低目標
9,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1R3S = 1 USD
トークン供給数
39,900,000
公式サイトへ Owner of R3S?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, BCH, LTC, ETH
供給率83.33%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 30%
  • Token Sale - 13.33%

概要

R3Secは、MTD(moving target defense technology)の概念を利用した次世代のサイバーセキュリティソリューションです。 私たちのMTD技術は、サイバーセキュリティの脅威と戦う方法のパラダイムシフトを可能にします。このエグゼクティブサマリーでは、R3Sec技術と今後の製品とサービスがより弾力性と安全性の高いデジタル領域を提供する方法について紹介します。

サイバーセキュリティの脅威と侵入は、日々のメディア、政治、ビジネス、さらには個人の私生活においてさえも著しく機能するグローバルな問題です。 2021年までに、サイバーセキュリティ保護は、2015年より3兆ドルに増加し、6兆ドルを超えるコストをもたらすと推定されています。 2017年に企業の平均保護費用は300万ドルでした。分散型経済とシステム、API経済、IoT(Internet of Things)の新技術は、サイバー脅威の増大する危険性に備えて準備する必要があります。

ジレンマの現状の理由の1つは、データアクセスポータル、IoTアプライアンス、システム、サーバーなどのほとんどのアプリケーションが依然として静態的なインフラストラクチャ上に構築されていることです。これは、ハッカーや侵入者に、目標を理解し、可能性のあるセキュリティ上の弱点を特定し、検出されずにシステムを悪用することを学び、成功させるための時間がますます増大することを提供します。侵入者は、通常、検出される前に平均約100日間システムに侵害します。サイバーセキュリティは、しばしば防衛が常に新しい侵入方法に遅れをとっている、非常に反応の速いプロセスです。 2021年までに脅威レベルに対応するために350万人のサイバーセキュリティスタッフが不足することが予想されるため、これは個人的、ビジネス的、および経済的レベルでの緊急課題です。

R3Secの私たちの使命は、サイバーセキュリティの脅威と戦う方法のパラダイムシフトを提供することです。これにより、システムの耐障害性が向上し、アプリケーションやシステムのセキュリティ違反やダウンタイムを引き起こす可能性のある問題からの迅速な復旧が可能になります。当社の移動目標防衛(MTD)技術は、サーバ、アプリケーション、サービス、API、IoTサービス、およびアプライアンス(「システム」)などのシステムをいくつかの同一のホログラフィック/仮想インスタンスに配置します。これらは、仮想ローテーションの一定の状態になり、一部はアクティブで、一部はアクティブではありません。 1分ごとにアクティブインスタンスはクリーンなインスタンスに置き換えられ、初期インスタンスは無効化され、ワイプされ、自己クレンジング技術によってクリーンな状態にリセットされます。そのため、インスタンスが常に回転するため、システムは破損したり問題を起こしたりする可能性があるため、潜在的なセキュリティ違反やダウンタイム(DDoS攻撃、Webサイトの破損、誤ったパッチ適用など)に対して高い回復力を発揮します。システムは、さらに、非アクティブなインスタンスをスキャンして異常な変更を検出することで、潜在的または侵害の試みをより簡単に検出することができます。この方法と技術は標的攻撃の試みを止めることはありませんが、システムが安全に回転する前に目標を達成するのに十分な時間がないように、導入者がシステム内で積極的に損傷を与える時間を大幅に短縮できます。それによって、侵入者が成功するために指数関数的に困難になる一方、侵入と戦うコストと時間が削減されます。

サイバーワールド、サービス、API、IoT、企業の世界に向けて強力で積極的なサイバー復元力のあるソリューションを提供します。 R3Secはサイバーセキュリティの世界に新しい進化の概念を追加しています。

チーム

Zsolt Nemeth
Zsolt Nemeth
Co-founder & CEO
Adam Martin
Adam Martin
Head of Architecture
David Galambos
David Galambos
Head of Marketing
Zsombor Deics
Zsombor Deics
Solution Delivery Expert
Marietta Buczo
Marietta Buczo
Head of Social Media
Dr. Viktoria Kovacs
Dr. Viktoria Kovacs
Head of Customer Service

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予