Novam - IoTのための分散型サイバーセキュリティ

NOVAMは、IoTデバイスに対する脅威を監視し、自動的に緩和し、エンタープライズに対する監査およびコンプライアンス調査を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MNVM
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-01-10
最低目標
500,000 USD
最高目標
2,076,923 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
435,000,000
公式サイトへ Owner of Novam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    NOVAMは、人間の免疫システムに触発され、サイバーセキュリティについての考え方を、不可知論的、自律的、自己検出的、自己修復的アプローチで変えました。私たちの目標は、接続性、セキュリティ、スケーラビリティ、および相互運用性を念頭に置いて、接続環境でIoTデバイスを保護することです。

    なぜNOVAMが必要なのですか?

    サイバー犯罪はまったく新しいものです。ますます増え続ける肥沃な業界である現在、サイバー犯罪者は、攻撃されている企業や組織と同様に、経験豊かで精通です。この先進的なサイバー犯罪は、セキュリティ違反、悪意のあるサイバー脅威、攻撃の多面的な性質に大きな関心を持ち、新たな視点を求めています。これまで以上に、すぐに使用できる製品、サービス、またはソリューションが必要です。デジタルの進化により、私たちはサイバーセキュリティについて知っていることを再考し、デジタル環境の変化は新しい脅威にさらされ続けると、NOVAMは、必要に応じて耐性を増強するように設計された自己修復プラットフォームで企業、組織と人間を守ります。

    NOVAMはできることは何ですか?

    NOVAMは、分散された元帳技術とAIを使用して、安全なブートチェーン、オペレーティングシステム、モバイルアプリケーション、およびネットワークからのIoT脅威を自動的に監視および緩和します。また、NOVAMは、脅威監視および検出サービスに監査および規制遵守の統合を提供し、システムイベントが不変の分散元帳に確実に含まれるようにします。 NOVAMは、健康診断の精度を向上させるDLTを活用した初めての人工知能主導のサイバーセキュリティプログラムです。 NOVAMは異常を発見するだけでなく、技術的な耐性システムを強化するためにそれらを修正し、既存の危険性の予知なしに脅威を除去します。機械学習と確率論的数学を使用して、常に警戒し、常に存在し、デバイスにとらわれないセキュリティシステムを提供するつもりです。

    チーム

    Adam Perschke
    Adam Perschke
    Chief Executive Officer
    Ian Perschke
    Ian Perschke
    Head Enterprise Architect
    Brooks McMillin
    Brooks McMillin
    Head of Security Operations
    Ty Bartholomew
    Ty Bartholomew
    Head of Marketing
    Christian Schnedler
    Christian Schnedler
    Advisor

    人気STO/ICO記事

    • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

      メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
    • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

      ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
    • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

      韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに