Novam - IoTのための分散型サイバーセキュリティ

NOVAMは、IoTデバイスに対する脅威を監視し、自動的に緩和し、エンタープライズに対する監査およびコンプライアンス調査を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MNVM
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-01-10
最低目標
500,000 USD
最高目標
2,076,923 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
435,000,000
公式サイトへ Owner of Novam?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    NOVAMは、人間の免疫システムに触発され、サイバーセキュリティについての考え方を、不可知論的、自律的、自己検出的、自己修復的アプローチで変えました。私たちの目標は、接続性、セキュリティ、スケーラビリティ、および相互運用性を念頭に置いて、接続環境でIoTデバイスを保護することです。

    なぜNOVAMが必要なのですか?

    サイバー犯罪はまったく新しいものです。ますます増え続ける肥沃な業界である現在、サイバー犯罪者は、攻撃されている企業や組織と同様に、経験豊かで精通です。この先進的なサイバー犯罪は、セキュリティ違反、悪意のあるサイバー脅威、攻撃の多面的な性質に大きな関心を持ち、新たな視点を求めています。これまで以上に、すぐに使用できる製品、サービス、またはソリューションが必要です。デジタルの進化により、私たちはサイバーセキュリティについて知っていることを再考し、デジタル環境の変化は新しい脅威にさらされ続けると、NOVAMは、必要に応じて耐性を増強するように設計された自己修復プラットフォームで企業、組織と人間を守ります。

    NOVAMはできることは何ですか?

    NOVAMは、分散された元帳技術とAIを使用して、安全なブートチェーン、オペレーティングシステム、モバイルアプリケーション、およびネットワークからのIoT脅威を自動的に監視および緩和します。また、NOVAMは、脅威監視および検出サービスに監査および規制遵守の統合を提供し、システムイベントが不変の分散元帳に確実に含まれるようにします。 NOVAMは、健康診断の精度を向上させるDLTを活用した初めての人工知能主導のサイバーセキュリティプログラムです。 NOVAMは異常を発見するだけでなく、技術的な耐性システムを強化するためにそれらを修正し、既存の危険性の予知なしに脅威を除去します。機械学習と確率論的数学を使用して、常に警戒し、常に存在し、デバイスにとらわれないセキュリティシステムを提供するつもりです。

    チーム

    Adam Perschke
    Adam Perschke
    Chief Executive Officer
    Ian Perschke
    Ian Perschke
    Head Enterprise Architect
    Brooks McMillin
    Brooks McMillin
    Head of Security Operations
    Ty Bartholomew
    Ty Bartholomew
    Head of Marketing
    Christian Schnedler
    Christian Schnedler
    Advisor

    人気STO/ICO記事

    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗