IceChain - ハイスループットトランザクションシステム

IceChainはブロックチェーンを次のレベルに引き上げる次世代の分散型元帳技術を使用しています。IceChainは、従来のブロックチェーンベースのネットワークで発生しているスケーラビリティの問題を解決することを目指しています。 実現するためには、IceChainの二重チェーン設定、シャーディング、ハッシュ・パワー分配を使用します。 IceChainは、金融、エレクトロニクス、電気、テレコミュニケーション、食品、自律型車両、不動産など、あらゆる業界で1秒間に100,000件以上の取引を処理します。 これにより、コストが削減され、最高レベルの透明性が提供されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ICHX
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-21
調達金額
17,777 ETH
最低目標
1,976 ETH
最高目標
11,976 ETH
初回価格
1 ICHX = 0.00006 ETH
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of IceChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China, Singapore, USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

lceChainは、多数のトランザクションを処理できるシステムを作成しました。 lceChainはスケーラブルで、安全で分散化されたテクノロジーを提供する画期的なデジタルプラットフォームです。これにより、二重支出を防ぐために、ヘッドチェーンに一度に送信されるハッシュパワーが少なくとも50%確保され、無許可のマイニングとトランザクションを活用した、高度なセキュリティが保証されます。プラットフォームはまた、クロストランザクションを発行し、数分で確認することができます。いつでもクロス・トランザクションの数が応答速度を上げるように作用します。

lceChainプラットフォームの下では、ブロック報酬を発行し、全体的により少ないハッシュ・パワーを使用する能力があります。ブロック報酬は比例的に分配され、採掘に必要な全体的なエネルギーを削減し、プラットフォームを経済的に効率的にします。lceChainが業界で支配的なレベルに上がることが可能です。将来的には、顧客が最高レベルのセキュリティでもっとも安価なコストで取引を円滑に進めることができるようになり、古い取引方法が廃止されることになります。スケーリングは、現在の伝統的なブロックチェーンの主要な問題です。 lceChainシステムの下では、これは解決され、プラットフォームは、任意の数のユーザーが同時にトランザクションを行うことができるように、適切に拡張する能力を持つことになります。

チーム

Daniel Ling
Daniel Ling
Founder
Chao Liu
Chao Liu
Project Lead Developer
Huy Dang
Huy Dang
Blockchain Developer
David Lun
David Lun
Software Developer
Monica Tang
Monica Tang
Software Engineer
Ling Deng
Ling Deng
Software Engineer

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・