VESTCHAIN - スマートコントラクトと機械学習サービスをサポートするオープンソースのブロックチェーン

VestChainは、分散型のアクセス可能なブロックチェーンと暗号通貨インフラストラクチャを提供します。 それは完全にオープンソースのコンテンツ管理システムです。 VestChainはスマートコントラクトプラットフォームを推進しています。主な目的は、他のプラットフォームでは現在提供できない最も進歩的な特性を提供することです。 主な特徴は、科学的な教義と研究を第一に置く方法論から開発された唯一のものであるということです。 VestChain開発プロセスの中核を成すのは、優秀な技術者と科学者からなる巨大な国際チームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
VEST
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of VESTCHAIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

特徴

バイレベルブロックチェーン

VestChainは2レベルのブロックチェーンで構成されています。最初のレベルはフレキシブルセグメントブロックチェーン(シャード)で構成され、2番目のレベルはシャードブロックチェーンのブロックを検証するコアブロックチェーンを提示します。

マーケティングの方法でマイニング

ゲーム理論を中心とした刺激の基盤を開発しました。その中のハッシュパワーは、シャード間で等しく共有されることが推奨されます。二重支出のエピソードを避けるために、全ハッシュパワーの60%がコアチェーンに割り当てられています。

水平方向の拡張性

TPSが成長するにつれて、スーパーフルノード価格は高騰する可能性があります。私たちは、スーパーフルノードの役割を担うセットを構成する多数の信頼できるノードをまとめています。

セグメント間事業

人はいつでもセグメント間の操作を行うことができます。彼らは2倍の速さで承認される予定です。シャードの数が増えるにつれて、セグメント間の操作容量は線形モードで増えます。

管理が簡単

すべてのシャードは単一のアカウントを要求します。 1つの同じスマートウォレットをさまざまなシャードのすべての暗号通貨に使用できます。

データ中心の契約

知識グラフを中核とする新しいツールは、スマートコントラクトのエンコーディングのプロセスを簡素化します。一貫性のあるW3Cスマートデータは、スマートコントラクトのこのようなデメリットを非インテリジェンスとして成功に奪います。

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他