Zeon Network - 新しいDAOブロックチェーンプラットフォーム

プラットフォームは、取引レートを100,000 Tx / s(シャーディング)まで拡大し、他のプロジェクト、DApps、クロスチェイントレーディングへの安全な参加を実現するように設計されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ZEON
開始日時
2018-04-27
終了日時
2019-12-31
調達金額
$11,230,000
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.0005 USD
トークン供給数
30,000,000,000
公式サイトへ Owner of Zeon Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームCustom
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, Fiat
供給率60%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ZEON - トランザクションレートを拡大し、他のプロジェクト、クロスチェーントレード、高速P2Pトランザクションへの安全な参加など、ユーザーの主な機能を実装するように設計された新しいブロックチェーンプラットフォームです。

ZEONの設計の基礎は、シャーディングという考え方です。ネットワークを、並列にトランザクションを処理できる小さなシャードに分割します。

既存の仮想通貨とスマートコントラクトプラットフォームはスケーリング制限があることは周知されています。

ビットコイン、イーサリアム、および関連する仮想通貨の平均取引レートは、1シャーディングあたり10トランザクション(通常約3〜7回)以下(Tx / s)に制限されています。    グローバルな支払いネットワークには、数万Tx / sの容量が必要になります。    ZEONの設計により、数百のノードがネットワークに追加されるたびにトランザクションレートが大幅に向上します。

チーム すべてを見る

Igor  Podymenko
Igor Podymenko
Strategy Management
Kirill Levin
Kirill Levin
Technology & Marketing
Roma  Senishin
Roma Senishin
Media & Community
Jermaine John
Jermaine John
Community & Media
Vera  Efremova
Vera Efremova
Public relations
Marcel Arsenault
Marcel Arsenault
Bussiness Development

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本